EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

ソフトウェアダウンロード
  • 更新日: 2014/07/02
  • FAQ番号: 028698
  • ダウンロード

ST10E / NY40S : HDDデータ消去プログラム(Windows 7 / Windows 8.1)

詳細
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

本ソフトウェアは、HDD内に書き込まれたデータをすべて消去するためのプログラムです。
コンピューターを廃棄するときなどにご使用ください。

HDDの仕様によって異なりますが、非常にデータ消去に時間がかかる場合があります。
十分に時間がとれるときに消去を実施することをおすすめします。なお、途中で作業を中止することもできます。

プログラムを使用するためにはUSBフラッシュメモリーなどのUSB機器が必要となります。あらかじめご用意ください。

注意

消去を開始すると、HDDのデータはすべて消去され、元には戻りません。必要に応じてデータをバックアップしてください。

更新内容

  • 2014年7月 新規公開

ソフトウェアの使用手順

注意

ソフトウェアをダウンロードする前にご確認ください

ソフトウェアのご使用には、使用許諾への同意が必要です。下記使用許諾を必ずご確認ください。

 使用許諾への同意について

ソフトウェアのダウンロードをもって使用許諾に同意いただいたものとみなします。

HDDデータ消去プログラムを使用して、HDDデータを消去する作業は、次の流れで行います。
※画面デザインは異なる場合があります。

  1. ファイルのダウンロード・ブロックの解除・ファイルの展開
  2. HDDデータ消去プログラムをUSB機器に保存する
  3. USB機器からプログラムを起動するために、UEFIの設定を変更する
  4. HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する

1. ファイルのダウンロード・ブロックの解除・ファイルの展開

注意

次の手順をすべて実施し、必ずブロックの解除を行ってください。ブロックの解除を行わないと、HDDのデータ消去が正常に行われない場合があります

1 本ページ下部の「ダウンロード」から、HDDデータ消去プログラムをダウンロードします。

2 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[プロパティ]を選択します。

ダウンロードしたファイルを長押しし、表示されるメニューより[プロパティ]を選択

3 「プロパティ」画面-「全般」タブが表示されるので、[ブロックの解除]をクリックして[OK]をクリックします。

※[ブロックの解除]が表示されていない場合は[キャンセル]をクリックして画面を閉じます。

「プロパティ」画面-「全般」タブ

4 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[すべて展開]を選択します。

ダウンロードしたファイルを長押しし、表示されるメニューより[すべて展開]

5 「圧縮(ZIP 形式)フォルダーの展開」画面が表示されるので、[参照]をクリックします。

なお、初期設定では、圧縮フォルダーの保存場所に展開する設定になっています。そのまま展開する場合は、[参照]をクリックせずに手順7に進みます。

「圧縮(ZIP 形式)フォルダーの展開」画面

6「展開先を選んでください。」画面が表示されるので、展開先のフォルダーを選択して[OK]をクリックします。

「展開先を選んでください。」画面

7 「圧縮(ZIP 形式)フォルダーの展開」画面に戻るので、[ファイルを下のフォルダーに展開する]に展開先のフォルダーのパスが入力されていることを確認して[展開]をクリックします。

「圧縮(ZIP 形式)フォルダーの展開」画面

8 展開先に指定した場所に圧縮フォルダーが展開されます。

2. HDDデータ消去プログラムをUSB機器に保存する

1 USB機器をコンピューターに接続します。

2 上記「1. ファイルのダウンロード・ブロックの解除・ファイルの展開」で展開した「st10e_hdderase」フォルダーまたは「ny40s_hdderase」フォルダー内にある「EFI」フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから「送る」-「USB機器」を選択します。

接続したUSB機器に「EFI」フォルダー(HDDデータ消去プログラム)が保存されます。

「EFI」フォルダーを右クリックし、表示されるメニューから「送る」-「USB機器」を選択

3 USB機器を取り外し、コンピューターをシャットダウンします。

3. USB機器からプログラムを起動するために、UEFIの設定を変更する

<ST10Eの場合>

  • ST10EをWindows 7でご使用の場合

1 コンピューターの電源を入れる前に、キーボードの「Delete」キーの位置を確認してください。手順2で、すばやく「Delete」キーを押す必要があります。

2 コンピューターの電源を入れ、すぐに「Delete」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。
※Windowsが起動してしまった場合は、再起動をして、手順2をもう一度実行してください。

3 「UEFI Setup ユーティリティー」が起動したら、「←」「→」キーで「Boot」メニュー画面を選択し、「↓」で「Boot Settings Configuration」を選択して「Enter」キーを押します。

4「↑」「↓」キーで「UEFI Boot」を選択して「Enter」キーを押します。

5選択ウィンドウが表示されるので、「↑」「↓」キーで[Enabled]を選択して、「Enter」キーを押します。

6HDDデータ消去プログラム(「EFI」フォルダー)を保存したUSB機器を コンピューターに接続します。

7「F10」キーを押します。

8「Save Configuration and exit?」と表示されるので、「Yes」を選択して「Enter」キーを押します。

「UEFI Setup ユーティリティー」が終了し、コンピューターが再起動します。これで、UEFIの設定変更は完了です。

9コンピューターが起動したらすぐに「F11」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。

10「Please select boot device :」と表示されたら、「4.HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する」へ進みます。

※Windowsが起動したり、「Reboot and Select proper ・・・」と表示されて、「Please select boot device :」画面が表示されない場合は、コンピューターを再起動して手順9をもう一度実行してください。

 

  • ST10EをWindows 8.1でご使用の場合

1 コンピューターの電源を入れる前に、キーボードの「Delete」キーの位置を確認してください。手順2で、すばやく「Delete」キーを押す必要があります。

2 コンピューターの電源を入れ、すぐに「Delete」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。
※Windowsが起動してしまった場合は、再起動をして、手順2をもう一度実行してください。

3 「UEFI Setup ユーティリティー」が起動したら、「←」「→」キーで「Security」メニュー画面を選択し、「↓」で「Secure Boot」を選択して「Enter」キーを押します。

4選択ウィンドウが表示されるので、「↑」「↓」キーで[Disabled]を選択して、「Enter」キーを押します。

5HDDデータ消去プログラム(「EFI」フォルダー)を保存したUSB機器を コンピューターに接続します。

6「F10」キーを押します。

7「Save Configuration and exit?」と表示されるので、「Yes」を選択して「Enter」キーを押します。

「UEFI Setup ユーティリティー」が終了し、コンピューターが再起動します。これで、UEFIの設定変更は完了です。

8コンピューターが起動したらすぐに「F11」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。

9「Please select boot device :」と表示されたら、「4.HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する」へ進みます。

※Windowsが起動したり、「Reboot and Select proper ・・・」と表示されて、「Please select boot device :」画面が表示されない場合は、コンピューターを再起動して手順8をもう一度実行してください。

 

<NY40Sの場合>

  • NY40SをWindows 7でご使用の場合

1 コンピューターの電源を入れる前に、キーボードの「F2」キーの位置を確認してください。手順2で、すばやく「F2」キーを押す必要があります。

2 コンピューターの電源を入れ、すぐに「F2」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。
※Windowsが起動してしまった場合は、再起動をして、手順2をもう一度実行してください。

3 「UEFI Setup ユーティリティー」が起動したら、「←」「→」キーで「Boot」メニュー画面を選択し、「↓」で「Boot mode select」を選択して「Enter」キーを押します。

4選択ウィンドウが表示されるので、「↑」「↓」キーで[UEFI]を選択して、「Enter」キーを押します。

5 「←」「→」キーで「Security」メニュー画面を選択し、「↓」で「Secure Boot menu」を選択して「Enter」キーを押します。

6「↑」「↓」キーで「Secure Boot Control」が「Enabled」と表示されている場合は以下の操作を行います。
※「Secure Boot Control」が「Disabled」と表示されている場合はそのまま手順7へ進みます。

6-1「Secure Boot Control」を選択し、「Enter」キーを押します。

6-2選択ウィンドウが表示されるので、「↑」「↓」キーで[Disabled]を選択して、「Enter」キーを押します。

7HDDデータ消去プログラム(「EFI」フォルダー)を保存したUSB機器を コンピューターに接続します。

8「F10」キーを押します。

9「Save configuration and reset?」と表示されるので、「Yes」を選択して「Enter」キーを押します。

「UEFI Setup ユーティリティー」が終了し、コンピューターが再起動します。これで、UEFIの設定変更は完了です。

10コンピューターが起動したらすぐに「F11」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。

11「Please select boot device :」と表示されたら、「4.HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する」へ進みます。

※Windowsが起動したり、「Reboot and Select proper ・・・」と表示されて、「Please select boot device :」画面が表示されない場合は、コンピューターを再起動して手順10をもう一度実行してください。

 

  • NY40SをWindows 8.1でご使用の場合

1 コンピューターの電源を入れる前に、キーボードの「F2」キーの位置を確認してください。手順2で、すばやく「F2」キーを押す必要があります。

2 コンピューターの電源を入れ、すぐに「F2」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。
※Windowsが起動してしまった場合は、再起動をして、手順2をもう一度実行してください。

3 「UEFI Setup ユーティリティー」が起動したら、「←」「→」キーで「Security」メニュー画面を選択し、「↓」で「Secure Boot menu」を選択して「Enter」キーを押します。

4「↑」「↓」キーで「Secure Boot Control」を選択し、「Enter」キーを押します。

5選択ウィンドウが表示されるので、「↑」「↓」キーで[Disabled]を選択して、「Enter」キーを押します。

6HDDデータ消去プログラム(「EFI」フォルダー)を保存したUSB機器を コンピューターに接続します。

7「F10」キーを押します。

8「Save configuration and reset?」と表示されるので、「Yes」を選択して「Enter」キーを押します。

「UEFI Setup ユーティリティー」が終了し、コンピューターが再起動します。これで、UEFIの設定変更は完了です。

9コンピューターが起動したらすぐに「F11」キーを「トン、トン、トン・・・」と連続的に押します。

10「Please select boot device :」と表示されたら、「4.HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する」へ進みます。

※Windowsが起動したり、「Reboot and Select proper ・・・」と表示されて、「Please select boot device :」画面が表示されない場合は、コンピューターを再起動して手順9をもう一度実行してください。

4.HDDデータ消去プログラムを使用してHDDデータを消去する

1 「Please select boot device :」画面(Bootデバイスを選択する画面)で、「UEFI : USB機器の型番」を選択し、「Enter」キーを押します。
※USB機器の型番が複数表示されている場合は、型番の左側に「UEFI」と表示されているものを選択してください。

Bootデバイスを選択する画面

2「UEFI Flash Erase for Epson Direct」と表示されるので「Space」キーを押します。

UEFI Flash Erase for Epson Direct

3HDDの色が変わったことを確認し、「Enter」キーを押します。

UEFI Flash Erase for Epson Direct

4「消去方式」と表示されるので、「↑」「↓」キーで「FULL(00h)」を選択し、「Enter」キーを押します。

消去方式

5「警告 選択されたドライブの内容は、すべて消去されます!!」と表示されるので、「Y」キーを押します。

※「Y」キーを押すと、HDD内のデータはすべて消去されます。HDD内に重要なデータがある場合は、「N」キーを押してキャンセルしてください。

警告 選択されたドライブの内容は、すべて消去されます!!

6消去が始まります。
消去にはしばらく時間がかかります。かかる時間はHDDの容量によって異なります。

※作業を途中で中止し、あとから実施したい場合は、「Esc」キーを押して中断することもできます。

7画面に「成功しました」と表示されたら、消去は完了です。

8画面右下に「ログ保存」選択ウィンドウが表示されるので、ログを保存するかどうかを「↑」「↓」キーで選択し、「Enter」キーを押します。

  • ログを保存しない場合 : [保存しない]を選択し、「Enter」キーを押します。
  • ログを保存する場合 : [USBデバイス]、[消去ドライブ]のいずれかを選択し、「Enter」キーを押します。

ログ保存

9「成功しました」の表示の下に「電源をお切りください。」と表示されるので、USB機器を取り外し、コンピューターの電源ボタンを押して、電源を切ります。

これで、HDDデータ消去は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

ダウンロード

注意

ソフトウェア使用時のご注意

・ ソフトウェアに収録されている「同意書.TXT」をご覧いただき、その内容に同意したのちインストールを行ってください。
・ 作業完了後、ダウンロードしたファイルと解凍時に生成されたファイルは削除していただいて構いません。

名称 対象製品 対象OS 提供開始 ファイル形式 ダウンロード
HDDデータ消去プログラム ・NY40S
・NY40S-B
Windows 7(32/64bit)
Windows 8.1(64bit)
2014年7月〜 zip ダウンロード96.5KB
・ST10E Windows 7(32/64bit)
Windows 8.1(64bit)
2014年7月〜 zip ダウンロード96.4KB

※コンピューターにHDDデータ消去プログラムを保存したら、 「1. ファイルのダウンロード・ブロックの解除・ファイルの展開」からの手順をご覧になり、作業を行ってください。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 NY40S, NY40S-B, ST10E
OS Windows 8.1 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64

戻る