EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

ソフトウェアダウンロード
  • 更新日: 2011/11/04
  • FAQ番号: 029518
  • ダウンロード

リカバリーツール Rel.8.0 アップデートプログラム(Windows XP / Windows Vista / Windows 7)

詳細
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

本ソフトウェアは、「リカバリーツール Rel.8.0」です。

目次

更新内容

  • 2011/11 Rel.8.0公開

    コンピューターの消去禁止領域に収録されているドライバーやソフトウェアを、外付けUSB機器にバックアップ可能になりました。

ワンポイント

USB機器へのバックアップ機能について

書き込み可能な光ディスクドライブを搭載していない製品をお使いの場合、本ソフトウェアにアップデートすると、USB機器へのバックアップが可能になります。
USB機器にバックアップする場合は、消去禁止領域内のすべてのデータが一括でバックアップされます。
バックアップに必要な空き容量は約2GBです。容量は機種の構成により異なります。

リカバリーツール Rel.8.0でのバックアップ方法については、下記をご覧ください。

リカバリーツールからのインストール機能やCDへのバックアップ機能には変更はありません。

リカバリーツールのバージョン確認方法

  • コンピューターに添付のリカバリーツールCDのバージョンが「Rel.8.0」またはこれより新しい場合は、アップデートを行う必要はありません。
  • デスクトップのリカバリーツールのアイコンが次の場合は、アップデート対象です。

    「リカバリーツール」アイコン

ソフトウェアの使用手順

注意

ソフトウェアをダウンロードする前にご確認ください

ソフトウェアのご使用には、使用許諾への同意が必要です。下記使用許諾を必ずご確認ください。

 使用許諾への同意について

ソフトウェアのダウンロードをもって使用許諾に同意いただいたものとみなします。

Windows Vista / Windows 7の場合

1 本ページ下部のリンク一覧から、任意のファイルをダウンロードします。

2 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[プロパティ]を選択します。

3 「プロパティ」画面-「全般」タブが表示されるので、[ブロックの解除]をクリックして[OK]をクリックします。
※[ブロックの解除]が表示されていない場合は[キャンセル]をクリックします。

4 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[すべて展開]を選択します。

5 「圧縮 (ZIP 形式) フォルダの展開」画面が表示されるので、[参照]をクリックします。
※初期設定では、圧縮フォルダーの保存場所に展開する設定になっています。 そのまま展開する場合は、[参照]をクリックせずに手順7に進みます。

6 「展開先を選んでください。」画面が表示されるので、展開先のフォルダーを選択して[OK]をクリックします。

7 「圧縮 (ZIP 形式) フォルダの展開」画面に戻るので、[ファイルを下のフォルダに展開する]に展開先のフォルダーのパスが入力されていることを確認して[展開]をクリックします。

8 展開先に指定した場所に圧縮フォルダーが展開されます。

9 展開されたフォルダーに収録されている「README.TXT」をご覧になり、インストールを行ってください。

Windows XPの場合

1 本ページ下部のリンクから、ファイルをダウンロードします。

2 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[プロパティ]を選択します。

3 「プロパティ」画面-「全般」タブが表示されるので、[ブロックの解除]をクリックして[OK]をクリックします。
※[ブロックの解除]が表示されていない場合は[キャンセル]をクリックします。

4 ダウンロードしたファイルを右クリックし、表示されるメニューより[すべて展開]を選択します。

5 「展開ウィザード」画面が表示されるので、[次へ]をクリックします。

6 「展開先の選択」と表示されるので、[参照]をクリックします。

7 「宛先を選んでください。」画面が表示されるので、Cドライブ(Windowsがインストールされているドライブ)を選択して[OK]をクリックします。

8 「展開ウィザード」画面に戻るので、[ファイルを下のディレクトリに展開する]テキストボックスにCドライブ(Windowsがインストールされているドライブ)のパスが入力されていることを確認して[次へ]をクリックします。

9 Cドライブ(Windowsがインストールされているドライブ)にファイルが展開されるので、しばらく待ちます。

10 「展開の完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

11 展開されたフォルダーに収録されている「README.TXT」をご覧になり、インストールを行ってください。

注意

インストール時のご注意

・ 必ず管理者権限をもつユーザー アカウントでソフトウェアのインストール/アンインストールを行ってください。
・ 各ソフトウェアに収録されている「同意書.TXT」をご覧いただき、その内容に同意したのちインストールを行ってください。
・ 必ずすべてのプログラムを終了してから、インストール/アンインストールを行ってください。
・ インストール完了後、ダウンロードしたファイルと解凍時に生成されたファイルは削除していただいて構いません。

Windows XPでCDにバックアップを行う場合のご注意

・ Windows XPでCDにバックアップを行う場合には、「マイコンピュータ」画面-光ディスクドライブのプロパティ画面-「書き込み」タブの[このドライブでCD書き込みを有効にする]に、チェックが付いている必要があります。

Windows XPでCDにバックアップを行う場合のご注意

ダウンロード

名称 対象OS バージョン 提供開始 ファイル形式 ダウンロード
リカバリーツール Rel.8.0 Windows 7(32/64bit)
Windows Vista(32bit)
- 2011/11〜 zip ダウンロード5.18MB
Windows XP(32bit) zip ダウンロード5.18MB

※Windows XPの場合は、Windows Vistaダウングレードモデル / Windows 7ダウングレードモデルのみが対象です。ダウングレードモデルは、OSをWindows Vista、Windows 7にアップグレードした場合でも、こちらのプログラムにアップデートしてください。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MT9000, NA102, NA103, NA104, NA501E, NA702, NA801, NA802, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, CM2150, NY2000, NY3000, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, CM970, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E
OS Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64

戻る