Epson Direct SHOP
EPSON

ユーザーサポート

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2014/01/07
  • FAQ番号: 010655
  • 仕様・設定

パーティションの設定を変更する方法(Windows Vista / Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

パーティションの設定を変更するには、「ディスクの管理」を使用します。ディスクの管理を使用してパーティションの削除と作成を行う方法は以下のとおりです。

ワンポイント

OSがインストールされているHDDを2つのパーティションに分割する場合は、下記コンテンツをご覧ください。

目次

「ディスクの管理」画面を表示する方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。
※画面デザインは異なる場合があります。

Windows Vista / Windows 7の場合

1[スタート]-[コンピュータ]を右クリックし、表示されるメニューより[管理]をクリックします。

スタートメニューのコンピュータを右クリックして表示されるメニュー

2「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]または[はい]をクリックします。

3「コンピュータの管理」画面が表示されるので、画面左側のツリー表示から[ディスクの管理]をクリックします。

ディスクの管理画面が表示されます。

コンピューターの管理画面

 

Windows 8 / Windows 8.1の場合

1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

2「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックします。

3「管理ツール」-「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリックします。

「管理ツール」-「ハードディスク パーティションの作成とフォーマット」をクリック

4「ディスクの管理」画面が表示されます。

「ディスクの管理」画面

 

ワンポイント

購入時のHDD(C:ドライブ)領域の設定

<Windows Vista / Windows 7の場合>

購入時、WindowsがインストールされているHDD(C:ドライブ)はMBRディスクに設定されています。
※2TBを超える増設HDD搭載時は、増設HDDはGPTディスクに設定されています。

ディスクの管理

ドライブ名が割り当てられていないパーティションは「消去禁止領域」です。消去禁止領域もプライマリーパーティションです。

● 「消去禁止領域」に含まれているもの ●

  • ドライバー類(ドライバーCDが添付されていない機種)
  • Windows 回復環境(Windows RE)
  • BitLocker 領域(Windows 7 Ultimateのみ)

Windows Vista Ultimateの場合、BitLocker領域は、別途プライマリーパーティションで設定されています。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

購入時、WindowsがインストールされているHDD(C:ドライブ)はGPTディスクに設定されています。
※GPTディスクからの起動は、UEFI SetupユーティリティーがUEFIモードで動作している場合にサポートされます(購入時の設定)。

ディスクの管理

ドライブ名が割り当てられていないパーティションは、システムで使用している領域です。

  • リカバリー領域(Windows 8再インストール用)
  • Windows回復環境(Windows RE)
  • MSR
  • システム

Windows 8.1の場合は、ドライバーやソフトウェアを再インストールするためのデータも含まれます。

MBRディスクとGPTディスク

HDDのパーティションスタイルには、MBRディスクとGPTディスクの2つがあり、作成できるパーティションの種類が異なります。

  • MBRディスク
    最大3つのプライマリーパーティションと1つの拡張パーティションを設定できます。
    拡張パーティション内には、複数の論理ドライブを作成可能です。
  • GPTディスク
    複数のプライマリーパーティションを設定できます。

このページの先頭へ

パーティションを削除する方法

注意

パーティションを削除すると、そのパーティションに保存していたデータは消去されます。必要なデータを外部メディアなどにバックアップした上で、パーティションを削除してください。

プライマリーパーティションを削除する場合

1ディスクの管理を表示します。

2削除するプライマリーパーティションを右クリックして、表示されるメニューより[ボリュームの削除]をクリックします。

ボリュームの削除

3「シンプル ボリュームの削除」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。これでプライマリーパーティションの削除は完了です。

シンプル ボリュームの削除画面

このページの先頭へ

拡張パーティションを削除する場合(Windows Vista / Windows 7)

1ディスクの管理を表示します。

2削除する拡張パーティション内の論理ドライブを右クリックして、表示されるメニューより[ボリュームの削除]をクリックします。

ボリュームの削除

3「シンプル ボリュームの削除」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。

シンプル ボリュームの削除画面

4[空き領域]と表示されます。拡張パーティションに複数の論理ドライブを作成している場合は、手順2と3を繰り返し行い、論理ドライブをすべて削除します。

空き領域

5[空き領域]を右クリックして、表示されるメニューより[パーティションの削除]をクリックします。

パーティションの削除

6「ディスクの管理」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。これで拡張パーティションの削除は完了です。

ディスクの管理画面

このページの先頭へ

パーティションの作成方法

1ディスクの管理を表示します。

2画面右下のビューより、パーティションを設定したい「未割り当て」の領域(拡張パーティションの場合は「空き領域」)を右クリックして、表示されるメニューより[新しいシンプル ボリューム]をクリックします。

新しいシンプルボリューム

3「新しいシンプル ボリューム ウィザード」画面が表示されるので、[次へ]をクリックします。

新しいシンプル ボリューム ウィザード画面

4「ボリューム サイズの指定」と表示されるので、[シンプル ボリューム サイズ]に、作成するパーティションのサイズを入力して[次へ]をクリックします。

新しいシンプル ボリューム ウィザード画面 ボリューム サイズの指定

5「ドライブ文字またはパスの割り当て」と表示されるので、ドライブ文字、または割り当てるパスを選択して、[次へ]をクリックします。

新しいシンプル ボリューム ウィザード画面 ドライブ文字またはパスの割り当て

6「パーティションのフォーマット」と表示されるので、[このボリュームを次の設定でフォーマットする]が選択されていることを確認して、[次へ]をクリックします。

新しいシンプル ボリューム ウィザード画面 パーティションのフォーマット

7「新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。自動的にフォーマットが行われます。フォーマットが終了すると、パーティションの作成は完了です。

新しいシンプル ボリューム ウィザード画面 新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了

ワンポイント

拡張パーティションについて(Windows Vista / Windows 7)

MBRディスクでは、パーティションを作成すると、自動的に3つ目まではプライマリーパーティションとなり、4つ目以降は拡張パーティション(論理ドライブ)となります。
4つ目のパーティションを作成後に、空き領域がある場合は下記のように表示されます。

MBRパーティションの場合

このページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro7000, Pro4700, Pro5000, Pro7500, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro8000-H, Pro8000-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, TY5000S, TY5100S, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, NJ3700E, NJ5700E, NJ5900E, NJ3900E, NJ5950E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, BB100, CM3100, CM970, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST10E, VT-2000, VT-75, SV110h, SV120h, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, NB50E, NB51E, TY1100S, PU100S
OS Windows 8.1 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 8 32bit, Windows 8 Pro 32bit, Windows 7 Starter, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit, Windows Vista Ultimate 64-bit

戻る