Epson Direct SHOP
EPSON

ユーザーサポート

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2013/05/08
  • FAQ番号: 029083
  • 仕様・設定

OSがインストールされているHDDを2つのパーティションに分割したい(Windows 7 / Windows 8)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

Windows 7 / Windows 8では、1つのHDDをパーティション分割することで、複数のドライブとして認識させることができます。パーティション分割を実施しておくことで、ファイルのバックアップを容易に行うことができ、OSの再インストール時などに非常に便利です。

Windowsのインストールされているパーティションを2つに分ける場合は、[ディスクの管理]で「ボリュームの縮小」を行います。

注意

作業の前に、重要なデータは外付けHDDなどにバックアップしてください。

目次

HDDの分割方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。
※画面デザインは異なる場合があります。

1管理者アカウントでサインインします。

2以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

2-1 [スタート]-[コンピューター]を右クリックし、表示されるメニューより[管理]をクリックします。

スタート

2-2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

2-3 「コンピューターの管理」画面が表示されるので、画面左側のツリー表示から[ディスクの管理]をクリックします。

「コンピューターの管理」画面

 

<Windows 8の場合>

2-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

2-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]-「管理ツール」項目の[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択します。

[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択

3 ディスクの管理画面が表示されるので、Windowsのインストールされているパーティション(通常はCドライブ)を右クリックして、表示されるメニューより[ボリュームの縮小]をクリックします。

「コンピューターの管理」画面

4 「(ドライブ文字)の縮小」画面が表示されるので、[縮小する領域のサイズ]にドライブに割り当てるサイズを指定し、[縮小]をクリックします。

注意

Cドライブ内に保存されているデータが多く、十分な空き容量を確保できない場合や、HDD内のデータが断片化している場合など、お使いの環境によって、縮小できるサイズには限界があります。

ワンポイント

Cドライブに割り当てるサイズ

Cドライブに割り当てるサイズは、以下のCドライブに保存されるデータの容量を参考にして決定してください。

  • Windowsやドライバーのインストールに必要な容量 : 約20GB
  • Windows使用中に使用する領域、休止時の状態を保存する領域 : 搭載メモリー容量の2倍
  • アプリケーションのインストールに必要な容量 : アプリケーションに添付の取扱説明書でご確認ください。

お客様ご自身で作成された文書や画像などをCドライブに保存すると必要容量が増えます。
ドライブ分割後は、Cドライブ以外にデータを保存することをおすすめします。

「(ドライブ文字)の縮小」画面

5 「未割り当て」の領域が作成されます。「未割り当て」の領域にパーティションを作成する方法については、下記コンテンツの「パーティションの作成方法」をご覧ください。

「コンピューターの管理」画面

注意

新しいシンプルボリュームを作成しようとしたときに、「ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため・・・」と表示された場合は、これ以上領域を作成できません。

ディスクに存在するパーティションの数が既に上限に達しているため・・・

pagetopこのページの先頭へ

分割後にCドライブのサイズを変更する方法

上記「HDDの分割方法」でHDDのパーティションを分割後、Cドライブ(Windowsのインストールされているパーティション)のサイズを変更したい場合は、以下の手順をご覧ください。

※ 手順には「ドライブの削除」が含まれます。ドライブを削除すると、ドライブ内のデータはすべて消去されます。重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどにバックアップしてください。
※ 下記操作は管理者アカウントでサインインして行ってください。
※ 画面デザインは異なる場合があります。

分割後にCドライブのサイズを変更する方法

 

1以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

1-1 [スタート]-[コンピューター]を右クリックし、表示されるメニューより[管理]をクリックします。

スタート

1-2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

1-3 「コンピューターの管理」画面が表示されるので、画面左側のツリー表示から[ディスクの管理]をクリックします。

「コンピューターの管理」画面

 

<Windows 8の場合>

1-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]-「管理ツール」項目の[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択します。

[ハードディスクパーティションの作成とフォーマット]を選択

2 ディスクの管理画面が表示されるので、以下のいずれかの手順を実行します。

Cドライブのサイズを増やす場合

※サイズを増やしたいドライブの右側に「未割り当て」領域がある場合のみ、ドライブのサイズを増やすことが可能です。
(Cドライブのサイズを増やしたい場合は、Cドライブの右側に「未割り当て」領域が必要となります。)
そのため、ここではEドライブを削除して「未割り当て」の領域を作成し、その後Cドライブのサイズを増やす方法を説明します。

2-1Eドライブを右クリックして、表示されたメニューから「ボリュームの削除」をクリックします。

注意

ドライブを削除すると、ドライブ内のデータはすべて消去されます。
重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどにバックアップしてください。

「コンピューターの管理」画面

2-2「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

削除したボリュームが「未割り当て」と表示されます。

このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。

2-3Cドライブを右クリックして、表示されたメニューから「ボリュームの拡張」をクリックします。

「コンピューターの管理」画面

2-4「ボリュームの拡張ウィザードの開始」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの開始

2-5「ボリュームの拡張ウィザード」画面が表示されるので、「ディスク容量(MB)を選択」で拡張する容量を入力し、[次へ]をクリックします。

「ボリュームの拡張ウィザード」画面

2-6「ボリュームの拡張ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

ボリュームの拡張ウィザードの完了

2-7Cドライブが拡張され、Cドライブの容量が増えます。手順5へ進みます。

「コンピューターの管理」画面

 

Cドライブのサイズを減らす場合

※縮小できるサイズには限界があります。Cドライブのサイズによっては縮小できない場合もあります。

2-1Cドライブを右クリックして、表示されたメニューから「ボリュームの縮小」をクリックします。

「コンピューターの管理」画面

2-2「(ドライブ文字)の縮小」画面が表示されたら、「縮小する領域のサイズ」を入力し、[縮小]をクリックします。

注意

Cドライブ内に保存されているデータが多くて十分な空き容量を確保できない場合や、HDD内のデータが断片化している場合など、お使いの環境によって、縮小できるサイズには限界があります。

ワンポイント

Cドライブに割り当てるサイズ

Cドライブに割り当てるサイズは、以下のCドライブに保存されるデータの容量を参考にして決定してください。

  • Windowsやドライバーのインストールに必要な容量 : 約20GB
  • Windows使用中に使用する領域、休止時の状態を保存する領域 : 搭載メモリー容量の2倍
  • アプリケーションのインストールに必要な容量 : アプリケーションに添付の取扱説明書でご確認ください。

お客様ご自身で作成された文書や画像などをCドライブに保存すると必要容量が増えます。
ドライブ分割後は、Cドライブ以外にデータを保存することをおすすめします。

「(ドライブ文字)の縮小」画面

2-3Cドライブが縮小され、「未割り当て」領域が増えます。

「コンピューターの管理」画面

2-4Eドライブを右クリックして、表示されたメニューから「ボリュームの削除」をクリックします。

注意

ドライブを削除すると、ドライブ内のデータはすべて消去されます。
重要なデータがある場合は、作業の前に外付けHDDなどにバックアップしてください。

「コンピューターの管理」画面

2-5「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。手順5へ進みます。

削除したボリュームが「未割り当て」と表示されます。

このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。

3「未割り当て」の領域にパーティションを作成します。「未割り当て」の領域にパーティションを作成する方法については、下記コンテンツの「パーティションの作成方法」をご覧ください。

「未割り当て」の領域にパーティションを作成したら、分割後にCドライブのサイズを変更する方法は完了です。

「コンピューターの管理」画面

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro7000, Pro4700, Pro5000, Pro7500, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, Pro8100-H, Pro8100-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, TY5000S, TY5100S, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, NJ3700E, NJ5700E, NJ5900E, NJ3900E, NJ5950E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, TB20S-B, JE3900, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, BB100, CM3100, CM970, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MR4500E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST10E, VT-2000, VT-75, SV110h, SV120h, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, NB50E, NB51E, TY1100S, PU100S, JE992, JE170, JE110, JE10
OS Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 8 32bit, Windows 8 Pro 32bit, Windows 7 Starter, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64

戻る