EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2010/08/31
  • FAQ番号: 029150
  • 仕様・設定

BitLocker設定手順(Windows 7)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

Windows 7 Ultimateでは、HDD暗号化機能「BitLocker」を使用することができます。

BitLockerは、ハードディスク内のドライブを暗号化するツールです。Windowsがインストールされたドライブなど、内蔵ハードディスク ドライブ上に格納されているすべてのファイルを保護し、第三者がWindowsを不正に起動したり、ハードディスク内のデータが漏洩したりすることを抑止します。

例えば、ハッカーによるシステムファイルへの不正アクセスや、コンピューターからハードディスクを取り外し、別のコンピューターに取り付けてアクセスされることを防止します。

また、BitLockerの拡張機能である「BitLocker To Go」では、リムーバブルデバイス(USBフラッシュメモリー、USB外付けハードディスクなど)を暗号化して、物理的な紛失によるデータの盗難、または流出を防ぐことができます。

注意

  • ユーザーはログオンすると通常通り操作が可能となるため、コンピューターにログオンできないようWindowsパスワードなどの各種パスワード設定による保護を行うことをおすすめします。
  • Windowsがロックされてしまった場合、ロックを解除するにはBitLockerの回復キーが必要です。BitLocker使用時は必ず回復キーを作成してください。
  • 回復キーを保存するための専用USBドライブを用意することをおすすめします。
  • BitLockerを使用している状態でセキュリティーチップの情報を初期化(クリア)すると、Windowsが起動できなくなり、暗号化しているHDD内のデータも使用できなくなります。回復キーでもデータは復元できません。そのため、セキュリティーチップの情報を初期化(クリア)する前には、必ずBitLockerを解除してください。
  • BitLockerの設定を行う前には、ハードディスク内の重要なファイルとデータをバックアップしてください。

目次

BitLockerを設定するには

1. BIOS Setupユーティリティーで起動(Boot)デバイスの順番を変更する

USBメモリーをコンピューターに接続した状態で電源を入れるとWindowsが起動しない場合、BIOS Setupユーティリティーで起動(Boot)デバイスの順番を変更する必要があります。以下「確認方法」の手順で変更が必要かをご確認いただき、変更が必要な場合は「対処方法」をご覧ください。

確認方法

1コンピューターの電源を切ります。

2USBメモリーをコンピューターに接続します。

3コンピューターの電源を入れます。

4Windowsが起動するかを確認します。

5画面左上に「-」が出たまま止まってしまう場合や、エラーメッセージが表示されてWindowsが起動しない場合は、BIOS Setupユーティリティーで起動(Boot)デバイスの順番を変更します。

対処方法

BIOS SetupユーティリティーでHDDを1番目に起動するドライブに設定します。

※起動(Boot)デバイスの順番(「Boot Device Priority」や[Boot priority order])を変更する方法については、コンピューター本体の「ユーザーズマニュアル」、または、「ユーザーズマニュアル補足編」をご覧ください。

pagetop「BitLockerを設定するには」へ

2. セキュリティー機能(TPM)を有効にする

コンピューター本体の「ユーザーズマニュアル」または「ユーザーズマニュアル補足編」と、「セキュリティ機能(TPM)設定ガイド」を参照し、コンピューター本体のセキュリティー機能(TPM)を有効にします。

ワンポイント

お使いのコンピューターに「PCお役立ちナビ」がインストールされている場合、「ユーザーズマニュアル」または「ユーザーズマニュアル補足編」はPCお役立ちナビから参照できます。

「ユーザーズマニュアル」は当社ダウンロードページからもダウンロードすることができます。(一部機種は「ユーザーズマニュアル補足編」もダウンロード可)
※一部、「ユーザーズマニュアル」/「ユーザーズマニュアル補足編」をご提供できない機種がございます。

pagetop「BitLockerを設定するには」へ

3. セキュリティー機能(TPM)を搭載していないコンピューターの場合

TPM機能を搭載していないコンピューターの場合は、以下の手順で、BitLockerドライブ暗号化を有効に設定します。

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2[スタート]-[プログラムとファイルの検索]ボックスに「gpedit.msc」と入力して「Enter」キーを押します。

[スタート]-[プログラムとファイルの検索]ボックスに「gpedit.msc」と入力

3「ローカル グループ ポリシー エディター」画面が表示されるので、[ローカル コンピューター ポリシー]-[コンピューターの構成]-[管理用テンプレート]-[Windows コンポーネント]-[BitLockerドライブ暗号化]-[オペレーティング システムのドライブ]をダブルクリックします。

「ローカル グループ ポリシー エディター」画面

4画面右側に表示されている[スタートアップ時に追加の認証を要求する]をダブルクリックします。

[スタートアップ時に追加の認証を要求する]をダブルクリック

5「スタートアップ時に追加の認証を要求する」画面が表示されるので、[有効]を選択し、「オプション:」の[互換性のある TPM が装備されていないBitLockerを許可する]にチェックを付け、[OK]をクリックします。

「スタートアップ時に追加の認証を要求する」画面

6画面をすべて閉じます。

7[スタート]-[プログラムとファイルの検索]ボックスに「gpupdate.exe□/force」(□は半角スペースを意味します)と入力して「Enter」キーを押します。

[スタート]-[プログラムとファイルの検索]ボックスに「gpupdate.exe□/force」(□は半角スペースを意味します)と入力

8黒い画面で「ポリシーを最新の情報に更新しています...」と表示され、完了すると「ユーザー ポリシーの更新が正常に完了しました。」と表示されるので、「Enter」キーを押します。

これで、TPM機能を搭載していないコンピューターでBitLockerドライブ暗号化を有効に設定する手順は完了です。続いて「4. BitLockerを設定する方法」へ進みます。

ポリシーを最新の情報に更新しています...

pagetop「BitLockerを設定するには」へ

4. BitLockerを設定する方法

システムドライブ(通常はCドライブ)の場合

ここでは、システムドライブ(Windowsがインストールされているドライブ。通常はCドライブ)にBitLockerを設定する方法を説明しています。
システムドライブ以外のドライブにBitLockerを設定する場合は、「システムドライブ以外のドライブの場合」をご覧ください。

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」の「BitLocker を有効にする」をクリックします。

「BitLocker ドライブ暗号化」の画面

5「BitLocker ドライブ暗号化セットアップ」と表示された場合は、 [次へ]をクリックします。

BitLocker ドライブ暗号化セットアップ

6「BitLocker 用のドライブを準備しています」と表示された場合は[次へ]をクリックします。

BitLocker 用のドライブを準備しています

7「BitLocker ドライブ暗号化セットアップ」と表示された場合は、[次へ]をクリックします。

BitLocker ドライブ暗号化セットアップ

8「TPM セキュリティ ハードウェアを有効にします」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。コンピューターが再起動します。

※表示されない場合は手順11へ進みます。

TPM セキュリティ ハードウェアを有効にします

9黒い画面に「Press [F10]to enable・・・」と表示され、ストップした場合は、キーボードの「F10」キーを押します。コンピューターが再起動します。

黒い画面に「Press [F10]to enable・・・」と表示され、ストップした場合は、キーボードの「F10」キーを押します。

10コンピューターが起動して、「BitLocker ドライブ暗号化セットアップ」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

BitLocker ドライブ暗号化セットアップ

11「BitLocker のスタートアップ設定を設定する」と表示されるので、USBポートにUSBメモリーを差し込み、[毎回のスタートアップ時にスタートアップ キーを要求する]を選択します。(セキュリティー機能(TPM)を搭載していないコンピューターで表示される画面です。表示されない場合は手順13へ進みます。

BitLocker のスタートアップ設定を設定する

12「スタートアップ キーの保存」と表示されるので、スタートアップ キーを保存するUSBフラッシュメモリーを選択し、[保存]をクリックします。

スタートアップ キーの保存

13「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示されるので、USBポートにUSBメモリーを差し込み、[回復キーを USB フラッシュ ドライブに保存する]を選択します。

回復キーの保存方法を指定してください。

14「回復キーを USB ドライブに保存する」画面が表示されるので、回復キーを保存するUSBフラッシュメモリーを選択し、[保存]をクリックします。

「回復キーを USB ドライブに保存する」画面

15「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示された画面に戻るので、画面左下に「回復キーが保存されました。」と表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。

回復キーの保存方法を指定してください。

16 「このドライブを暗号化する準備ができましたか?」と表示されるので、[BitLocker システムチェックを実行する]にチェックを付け、[続行]をクリックします。

このドライブを暗号化する準備ができましたか?

17「コンピューターを再起動する必要があります」と表示されるので[今すぐ再起動する]をクリックします。コンピューターが再起動します。

コンピューターを再起動する必要があります

18Windowsが起動すると、ドライブの暗号化が行われます。メッセージをクリックすると、進捗状況を確認できます。

※ドライブの暗号化には時間がかかる場合があります。

暗号化を実行中です

ワンポイント

BitLockerのドライブ暗号化の進捗を確認することができます。

18-1通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化が進行中です」アイコンをクリックします。

通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化が進行中です」アイコン

18-2「BitLocker ドライブ暗号化」画面が表示され、進捗を確認することができます。

「BitLocker ドライブ暗号化」画面

19通知領域から「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化が進行中です」アイコンが消えた場合、または、「(ドライブ名):の暗号化が完了しました。」と表示された場合は[閉じる]をクリックして、暗号化は完了です。

(ドライブ名):の暗号化が完了しました。

※BitLockerドライブ暗号化が完了すると、暗号化されているドライブが「オン」と表示されます。

BitLockerドライブ暗号化が完了すると、暗号化されているドライブが「オン」と表示されます。

pagetop「BitLockerを設定する方法」へ

システムドライブ以外のドライブの場合

システムドライブ(通常はCドライブ)を暗号化した後、システムドライブ以外のドライブも暗号化することができます。

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」に表示されている、システムドライブ以外でBitLockerを有効にしたいドライブの「BitLocker を有効にする」をクリックします。

「BitLocker ドライブ暗号化」の画面

5「このドライブのロック解除方法を選択する」と表示されるので、以下から選択します。

※ここでは、[このコンピューターでこのドライブのロックを自動的に解除する]を選択して説明します。

このドライブのロック解除方法を選択する

6「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示されるので、USBポートにUSBメモリーを差し込み、[回復キーを USB フラッシュ ドライブに保存する]を選択します。

回復キーの保存方法を指定してください。

7「回復キーを USB ドライブに保存する」画面が表示されるので、回復キーを保存するUSBフラッシュメモリーを選択し、[保存]をクリックします。

「回復キーを USB ドライブに保存する」画面

8「回復キーの保存方法を指定してください。」と表示された画面に戻るので、画面左下に「回復キーが保存されました。」と表示されていることを確認し、[次へ]をクリックします。

回復キーの保存方法を指定してください。

9「このドライブを暗号化する準備ができましたか?」と表示されるので、[暗号化の開始]をクリックします。

このドライブを暗号化する準備ができましたか?

10「暗号化しています...」と表示されるので、そのまましばらく待ちます。

[閉じる]をクリックして、進捗状態を非表示にした場合は、通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化が進行中です」アイコンをクリックすることで再度表示することができます。

暗号化しています...

11「(ドライブ名):の暗号化が完了しました。」と表示されるので、[閉じる]をクリックします。

これでシステムドライブ以外のドライブでの、BitLockerの設定は完了です。(進捗状態を非表示にしていた場合は、通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化が進行中です」アイコンが消えたらBitLockerの設定は完了です。)

(ドライブ名):の暗号化が完了しました。

pagetop「BitLockerを設定する方法」へ

pagetopこのページの先頭へ

BitLockerを一時的に停止する/無効にする方法

BitLockerを一時的に停止する方法

BitLockerを一時的に停止するには、以下の手順を行います。

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」の「BitLocker を有効にする」をクリックします。

「BitLocker ドライブ暗号化」の画面

5「BitLocker ドライブ暗号化を中断しますか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

BitLocker ドライブ暗号化を中断しますか?

6暗号化が中断されたドライブに「中断」と表示されていれば、BitLockerを一時的に停止する手順は完了です。

暗号化が中断されたドライブに「中断」と表示

ワンポイント

BitLockerの保護を再開するには、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」-「保護の再開」をクリックします。

「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」-「保護の再開」をクリック

BitLockerを無効にする方法

BitLockerを無効にし、ドライブの暗号化を解除するには以下の手順を行います。

ワンポイント

システムドライブの暗号化を解除すると、システムドライブ以外のドライブの暗号化も一緒に解除されます。

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」となっている場合は「BitLocker ドライブ暗号化」を選択し、手順4へ進みます。

3「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックし、表示される一覧から「BitLocker ドライブ暗号化」をクリックします。

4「BitLocker ドライブ暗号化」の画面が表示されるので、「BitLocker ドライブ暗号化-ハードディスクドライブ」の「BitLocker を無効にする」をクリックします。

「BitLocker ドライブ暗号化」の画面

5「BitLocker を無効にする」と表示されるので、[ドライブの暗号化解除]をクリックします。

BitLocker を無効にする

6ドライブの暗号化の解除が行われます。メッセージをクリックすると、進捗状況を確認できます。

※ドライブの暗号化の解除には時間がかかる場合があります。

暗号化の解除を実行中です

ワンポイント

BitLockerのドライブ暗号化解除の進捗を確認することができます。

6-1通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化解除が進行中です」アイコンをクリックします。

通知領域の「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化解除が進行中です」アイコン

6-2「BitLocker ドライブ暗号化」画面が表示され、進捗を確認することができます。

「BitLocker ドライブ暗号化」画面

7通知領域から「BitLockerドライブ暗号化による(ドライブ名):の暗号化解除が進行中です」アイコンが消えた場合、または、「(ドライブ名):の暗号化解除が完了しました。」と表示された場合は[閉じる]をクリックして、暗号化は完了です。

※BitLockerドライブ暗号化が完了すると、暗号化されているドライブが「オン」と表示されます。

BitLockerドライブ暗号化が完了すると、暗号化されているドライブが「オン」と表示されます。

pagetopこのページの先頭へ

BitLocker To Goを使用する

BitLocker To Goでは、リムーバブルデバイス(USBフラッシュメモリー、USB外付けハードディスクなど)を暗号化し、データを保護することができます。

暗号化したリムーバブルデバイスは、Windows 7のコンピューターに接続すると、以下のようにパスワードの入力を求める画面が表示されます。リムーバブルデバイスのロックは、BitLocker To Goを有効にする際に設定したパスワードを入力することで解除され、データを表示することができます。

ワンポイント

BitLocker To Goを有効/無効にする設定方法については、下記コンテンツをご覧ください。

[BitLockerドライブ暗号化]画面

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro7000, Pro4700, Pro5000, Pro7500, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro5700, Pro5800, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, Pro8100-H, Pro8100-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, MR7400E, MR7400, MR8000, MR8000E-L, TY5000S, TY5100S, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NA511E, NA512E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ3700E, NJ3900E, NJ4000E, NJ5500E, NJ5700E, NJ5900E, NJ5950E, NJ5970E, NJ6000E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, TN20E, TN21E, TN30E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY2400S-Y, NY2400S-Z, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, NY2500S-Y, NY2500S-Z, TB01S-B, TB01S, TB20S-B, JE91, JE94, JE3900, AT10, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AT993E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, AY331S, BB100, CM3100, CM970, JE10, JE110, JE170, JE180, JE20, JE4500, JE93, JE992, JE993, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MR4500E, MR4600E, MR4700E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, NB50E, NB51E, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, PU100S, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST180E, ST10E, ST11E, ST20E, SY01, SV110h, SV120h, TD160E, TY1100S, VT-2000, VT-75
OS Windows 7 Ultimate, Windows 7 Ultimate x64

戻る