Epson Direct SHOP
EPSON

ユーザーサポート

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2014/01/30
  • FAQ番号: 010631
  • トラブル

タッチパッド機能を無効にすることはできますか?

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

ここでは、ノート型PCをお使いの場合に、タッチパッドを無効にする方法を説明します。

タッチパッドを無効にするには以下の方法があります。

  • UEFI/BIOSで設定する : 機能を無効にします。
  • タッチパッドキー(ボタン) : 必要な時に有効/無効を切り替えます。
  • タッチパッドドライバーで設定する : 一部の機能を無効にします。

コンピューターの機能によっては設定できない場合もあります。

目次

UEFI/BIOSで設定する

お手元のユーザーズマニュアルのUEFI/BIOS Setupユーティリティーで設定できる項目にタッチパッドの記載がある場合、タッチパッド機能を無効にすることができます。

UEFI/BIOS Setup ユーティリティーの設定方法につきましては、コンピューター本体のユーザーズマニュアルをご覧ください。

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからもダウンロードすることができます。
※一部、ユーザーズマニュアルをご提供できない機種がございます。

このページの先頭へ

タッチパッドキー(ボタン)で切り替える

お使いのコンピューターにタッチパッドキーまたはタッチパッドボタンが存在している場合には、Windowsが起動している状態でタッチパッドキーまたはタッチパッドボタンを押すことにより、タッチパッドを無効にすることも可能です。(タッチパッドキーまたはタッチパッドボタンを押すたびに、有効/無効が切り替わります。)

注意

タッチパッドキー(ボタン)を使用するには

タッチパッドキーやタッチパッドボタンを使用するにはインスタントキードライバーがインストールされている必要があります。

NY2300Sの場合

NY2300Sをお使いの場合、タッチパッドキーを使用するにはSCMユーティリティーまたはS-Barユーティリティーがインストールされている必要があります。タッチパッドキーで、タッチパッド機能を無効にした場合の動作については、下記をご覧ください。

以下は、タッチパッドキーの例です。
※タッチパッドキーやタッチパッドボタンの位置やアイコンは、お使いのコンピューターにより異なります。コンピューター本体のユーザーズマニュアルで確認してください。

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからもダウンロードすることができます。
※一部、ユーザーズマニュアルをご提供できない機種がございます。

タッチパッドキー

このページの先頭へ

タッチパッドユーティリティーで設定を変更する方法

お使いのコンピューターにインストールされているタッチパッドドライバーの設定をすることで、タッチパッド上でのクリックやドラッグアンドドロップなどの機能が働かないようにすることができます。
「ドライバーの確認方法」を参照して、お使いのコンピューターにインストールされているタッチパッドドライバーを確認し、該当するドライバーの設定手順を行ってください。

ドライバーの確認方法

ワンポイント

Windows Vistaをご使用の場合、タッチパットドライバーはSynaptics製です。Synaptics TouchPad の設定手順をご覧ください。

1 次の手順を行い、「デバイス マネージャー」画面を表示します。

<Windows 8 / Windows 8.1>

1-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ]をクリックします。

※表示方法を「大きいアイコン」または「小さいアイコン」に設定している場合は、[システム]をクリックして手順1-4に進みます。

1-3「コントロール パネル」内の「システム]をクリックします。

1-4画面左側の[デバイス マネージャー]をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows Vista / Windows 7>

1-1 [スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとセキュリティ」をクリックします。

※表示方法が「クラシック表示」または「大きいアイコン」、「小さいアイコン」の場合は「システム」をクリックまたはダブルクリックして、手順1-4へ進みます。

1-3 「コントロール パネル」内の[システム]を選択します。

1-4 画面左側の[デバイス マネージャー]をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows XP>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロールパネル」画面が表示されるので、「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。

1-3 「パフォーマンスとメンテナンス」画面が表示されるので、「システム」をクリックします。

1-4 「システムのプロパティ」画面が表示されるので、「ハードウェア」タブ-[デバイスマネージャ]をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows 2000>

1-1 [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロールパネル」画面が表示されるので、「システム」をダブルクリックします。

1-3 「システムのプロパティ」画面が表示されるので、「ハードウェア」タブ-[デバイスマネージャ]をクリックし、手順2へ進みます。

2 「デバイス マネージャー」画面が表示されるので、[マウスとそのほかのポインティングデバイス]項目をダブルクリックします。

3 お使いのコンピューターにインストールされているドライバーを確認します。

pagetopこのページの先頭へ

Synaptics TouchPadの設定手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 次の手順により、「マウスのプロパティ」画面を表示します。

<Windows 8 / Windows 8.1>

1-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

※表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「マウス」をクリックして手順2へ進みます。

1-3「デバイスとプリンター」-「マウス」をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows 7>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

※表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「マウス」をクリックして手順2へ進みます。

1-3 「デバイスとプリンター」-「マウス」をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows Vista>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

※「クラシック表示」の場合は「マウス」をクリックして手順2へ進みます。

1-3 「マウス」をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows XP>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします。

1-3 「プリンタとその他のハードウェア」画面が表示されるので、「マウス」をクリックし手順2へ進みます。

<Windows 2000>

1-1 [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロールパネル」画面が表示されるので、「マウス」をダブルクリックし手順2へ進みます。

2 「マウスのプロパティ」画面の「デバイス設定」タブ-[デバイス]項目の「Synaptics TouchPad(ClickPad) V*.*」※1を選択して、[設定]をクリックします。

※1:「*.*」にはマウスドライバーのバージョンが入ります。バージョンはお使いのコンピューターによって異なります。

「マウスのプロパティ」画面

3 画面が表示されるので、画面左側から[タップ]を選択して、画面右側の[タップ]項目-[タップ機能を使用する]のチェックを外します。

ワンポイント

[タップ機能を使用する]のチェックを外すことで、タッチパッド上でクリックやドラッグアンドドロップなどの機能が働かないようにすることができます。

設定画面

4 次に、スクロール機能を働かないようにする設定をするため、下記の手順を行います。

ワンポイント

[垂直スクロールを使用する]と[水平スクロールを使用する]のチェックを外すことで、タッチパッド上でスクロール機能が働かないようにすることができます。

<Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1>

4-1 画面左側から[スクロール]をダブルクリックし、表示された[1本指でのスクロール]を選択します。

4-2 画面右側の「一本指でのスクロール」項目-[垂直スクロールを使用する]、[水平スクロールを使用する]のチェックを外して、[OK]をクリックします。

画面右側の「一本指でのスクロール」項目-[垂直スクロールを使用する]、[水平スクロールを使用する]のチェックを外す

<Windows 2000 / Windows XP / Windows Vista>

4-1 画面左側から[バーチャルスクロール]を選択して、画面右側の「バーチャルスクロール」項目-[垂直スクロールを使用する]、[水平スクロールを使用する]のチェックを外して[OK]をクリックします。

画面右側の「バーチャルスクロール」項目-[垂直スクロールを使用する]、[水平スクロールを使用する]のチェックを外す

5 「マウスのプロパティ」画面に戻るので、[OK]をクリックします。

「マウスのプロパティ」画面

このページの先頭へ

Finger Sensingの設定手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。
表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「マウス」をクリックして手順4へ進みます。

3 「デバイスとプリンター」-「マウス」をクリックします。

4 「マウスのプロパティ」画面が表示されるので、「指検出パッド」タブをクリックし、[設定する]をクリックします。

「マウスのプロパティ」画面

5 「指検出パッド・コンフィギュレータ」画面が表示されるので、画面左側から[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・クリック]を選択し、[オンパッド・クリックを有効にする]のチェックを外します。

ワンポイント

[オンパッド・クリックを有効にする]のチェックを外すことで、タッチパッド上でクリックの機能が働かないようにすることができます。オンパッド・クリックは、マウスの左ボタンと同様です。

「指検出パッド・コンフィギュレータ」画面-[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・クリック]を選択

6 画面左側から[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・スクロール]-[垂直スクロール]を選択し、[垂直スクロール機能を有効にする]のチェックを外します。

ワンポイント

[垂直スクロール機能を有効にする]のチェックを外すことで、タッチパッド上で垂直スクロール機能が働かないようにすることができます。

「指検出パッド・コンフィギュレータ」画面-[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・スクロール]-[垂直スクロール]を選択

7 画面左側から[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・スクロール]-[水平スクロール]を選択し、[水平スクロール機能を有効にする]のチェックを外します。

ワンポイント

[水平スクロール機能を有効にする]のチェックを外すことで、タッチパッド上で水平スクロール機能が働かないようにすることができます。

「指検出パッド・コンフィギュレータ」画面-[オンパッド機能]をダブルクリック-[オンパッド・スクロール]-[水平スクロール]を選択

8 [OK]をクリックして、「指検出パッド・コンフィギュレータ」画面を閉じます。

9 「マウスのプロパティ」画面に戻るので、[OK]をクリックします。

「マウスのプロパティ」画面

このページの先頭へ

Alps TouchPadの設定手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 次の手順により、「マウスのプロパティ」画面を表示します。

<Windows XP>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロールパネル」画面が表示されるので、「プリンタとその他のハードウェア」をクリックします。

1-3 「プリンタとその他のハードウェア」画面が表示されるので、「マウス」をクリックします。

<Windows 2000>

1-1 [スタート]-[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロールパネル」画面が表示されるので、「マウス」をダブルクリックします。

2 「マウスのプロパティ」画面が表示されるので、[タッピング]タブ-[タッピング]のチェックを外します。

ワンポイント

[タッピング]のチェックを外すことで、タッチパッド上でクリックやドラッグアンドドロップなどの機能が働かないようにすることができます。

[タッピング]タブ-[タッピング]のチェックを外す

3 「ジェスチャー」タブ-[スクロール機能を使う]を外して、[OK]をクリックします。

ワンポイント

[スクロール機能を使う]のチェックを外すことで、タッチパッド上でスクロール機能が働かないようにすることができます。

「ジェスチャー」タブ-[スクロール機能を使う]を外す

pagetopこのページの先頭へ

ELAN Smart-Padの設定手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1次の手順により、「マウスのプロパティ」画面を表示します。

<Windows 8 / Windows 8.1>

1-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

※表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「マウス」をクリックして手順2へ進みます。

1-3「デバイスとプリンター」-「マウス」をクリックし、手順2へ進みます。

<Windows 7>

1-1 [スタート]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2 「コントロール パネル」画面が表示されるので、「ハードウェアとサウンド」をクリックします。

※表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「マウス」をクリックして手順2へ進みます。

1-3 「デバイスとプリンター」-「マウス」をクリックし、手順2へ進みます。

2「マウスのプロパティ」画面-「ELAN」タブ-[デバイス]項目の「Elan スマートパッド」を選択して、[オプション]をクリックします。

「マウスのプロパティ」画面

3 画面が表示されるので、「一本指」タブ-[タッピング]をクリックし、[有効]のチェックを外します。

ワンポイント

「タッピング」タブ-[有効]のチェックを外すことで、タッチパッド上でクリック機能が働かないようにすることができます。

「一本指」タブ-[タッピング]をクリックし、[有効]のチェックを外す

4[適用]をクリックします。

5 次に、スクロール機能を働かないようにする設定をするため、「マルチ 指」タブ-[ズーム]をクリックし、[縦方向スクロール]、[横方向スクロール]のチェックを外します。

ワンポイント

[縦方向スクロール]、[横方向のスクロール]のチェックを外すことで、タッチパッド上でスクロール機能が働かないようにすることができます。

「マルチ 指」タブ-[ズーム]をクリックし、[縦方向スクロール]、[横方向スクロール]のチェックを外す

6[Ok]をクリックします。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NA511E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, NJ3700E, NJ5700E, NJ5900E, NJ3900E, NJ5950E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, TN20E, TN30E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, TB20S-B, JE3900
OS Windows 8.1 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 8 32bit, Windows 8 Pro 32bit, Windows 7 Starter, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows Millennium Edition, Windows 2000 Professional, Windows 98 Second Edition, Windows NT 4.0, Windows 3.1, Windows 95, MS-DOS

戻る