Epson Direct SHOP
EPSON

ユーザーサポート

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2010/01/14
  • FAQ番号: 010699
  • 仕様・設定

「Windows DVD メーカー」の使用方法(Windows Vista / Windows 7)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

Windows Vista Home Premium/ Ultimate Windows 7 Home Premium/ Professional/ Ultimate には、DVDをすばやく簡単に作成できる「Windows DVDメーカー」が標準で搭載されています。
ビデオ、画像、オーディオの追加やスライドショーの作成、「Windows ムービー メーカー」のプロジェクトを追加することなどが可能です。また、作成したDVDはDVDプレーヤーで再生してテレビで視聴することが可能です。
※DVDの作成は、DVDメディアへの書き込みが可能な光ディスクドライブが搭載されている場合のみ行えます。

DVDの作成手順

以下の順番に操作してDVDを作成します。

(1) 「Windows DVD メーカー」を起動する
(2) DVDに書き込むファイルを追加する
(3) メニューテキストを変更する
(4) メニュースタイルをカスタマイズする
(5) スライドショーの設定を選択する
(6) DVDに書き込む

(1) 「Windows DVD メーカー」を起動する

下記手順で使用している画面はWindows Vsitaのものです。

1[スタート]-[すべてのプログラム]-[Windows DVD メーカー]を選択します。

2「Windows DVD メーカー」画面が表示されます。

Windows DVDメーカー画面

ワンポイント

以下の画面が表示された場合は、「今後、このページを表示しない」チェックボックスにチェックをいれて[写真とビデオの選択]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

このページの先頭へ

(2) DVDに書き込むファイルを追加する

1[項目の追加]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

2「項目をDVDに追加」画面が表示されるので、追加したいファイル(ビデオ ファイル、画像、Windows ムービー メーカーのプロジェクトファイル)を選択して[追加]をクリックします。

項目をDVDに追加画面

3ファイルが追加されたら、以下の項目を設定して[次へ]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

項目 説明
DVD書き込み用ドライブ DVD書き込み用ドライブを選択します
タイトル DVDのタイトルを入力します
オプション DVDを書き込む際の各種オプションを選択します
  • [オプション]をクリックして表示される「DVD のオプション」画面

    DVDのオプション画面

    項目 説明
    DVD 再生設定を選んでください DVDメニューの開始 DVDプレーヤーにディスクを挿入したとき、DVDメニューが表示されるようにします
    ビデオの再生と
    DVD メニューの終了
    DVDプレーヤーにディスクを挿入したとき、ビデオがすぐに再生されて最後にメニューが表示されるようにします
    ビデオの連続再生 ビデオを自動的に繰り返し再生します。DVDプレーヤーのリモコンを使ってメニューオプションを選択すると、メニューを表示することも可能です
    DVDの縦横比(※1) 4:3 ビデオおよびDVDのメニューを縦横比4:3(標準)で表示します
    16:9 ビデオおよびDVDのメニューを縦横比16:9(ワイドスクリーン)で表示します
    ビデオ形式(※2) 国や地域のビデオ標準に合わせて「NTSC」または「PAL」からビデオ形式を選択します
    DVDの書き込み速度 既定の設定は[最速]ですが、DVD書き込み用ドライブとDVDメディアの種類によっては、[中速]または[低速]を選択します
    一時ファイルの場所 DVDを書き込むときに作成される一時ファイルの保存場所を変更します。HDD上で空き領域が5GB以上あり、高速書き込みに対応しているパーティションのフォルダーを選択します

    ※1縦横比は、ビデオおよびメニューを表示する際の幅と高さの比率です。再生するモニターやテレビの縦横比を考慮して選択します。

    ※2他の国や地域に住んでいる人とDVDを共有しない場合は、通常この設定を変更する必要はありません。既定で選択されるビデオ形式は、コントロールパネルの[地域と言語のオプション]の設定に基づきます。

このページの先頭へ

(3) メニューテキストを変更する

1「ディスクへの書き込み準備」と表示されるので、[メニューテキスト]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

2「DVD メニューテキストの変更」と表示されるので、以下の項目を設定して[テキストの変更]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

項目 説明
フォント メニューテキストのフォントの色、書式を選択します
ディスク タイトル DVDに付けるタイトルを入力します
再生ボタン DVDを再生するボタンのラベルを入力します
シーン ボタン DVDの各シーンを再生するボタンのラベルを入力します
メモボタン DVDに対して入力したメモを表示するボタンのラベルを入力します
メモ DVDに表示するメモを入力します

ワンポイント

  • [メモボタン]および[メモ]は、入力した場合のみDVDに表示されます。
  • メニューテキストがどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー]をクリックします。

このページの先頭へ

(4) メニュースタイルをカスタマイズする

1[メニューのスタイル]一覧から任意のスタイルを選択し、[メニューのカスタマイズ]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

2「ディスク メニュースタイルのカスタマイズ」と表示されるので、以下の項目を設定して[スタイルの変更]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

項目 説明
フォント フォント、書式を選択します
前景ビデオ 前景に表示するビデオを選択します(前景と背景の両方のビデオオプションを使用するメニュースタイルを選択した場合のみ)
背景ビデオ メインDVDメニューの背景に表示する画像またはビデオを選択します
メニュー オーディオ DVDのメニューを表示している間のBGMとして再生するオーディオファイルを選択します
シーン ボタン スタイル DVDのシーンボタンの形状を選択します

ワンポイント

  • DVDの再生時にメニューがどのように表示されるかを確認するには、[プレビュー]をクリックします。
  • カスタマイズした設定を他のDVD作成時にも使用したい場合は、[新しいスタイルとして保存]をクリックして保存します。

このページの先頭へ

(5) スライドショーの設定を選択する

1[スライド ショー]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

2「スライド ショー設定の変更」と表示されるので、[音楽の追加]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

3「音楽をスライド ショーに追加」画面が表示されるので、音楽ファイルを任意に選択して[追加]をクリックします。

音楽をスライド ショーに追加画面

4「スライド ショー設定の変更」の画面に戻るので、以下の項目を設定して[スライド ショーの変更]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

項目 説明
音楽の長さに合わせてスライド ショーの長さを変更 追加した音楽の再生時間に合わせてスライドショーの長さを自動的に変更する
画像の長さ 各画像のスライドショーで表示する時間を指定する
切り替え効果 画像間に使用する切り替え効果の種類を選択する
画像のパンとズーム効果を使用する スライドショーの画像にパンとズーム効果を追加する

このページの先頭へ

(6) DVDに書き込む

1DVDメディアを光ディスクドライブにセットします。

2[書き込み]をクリックします。

Windows DVDメーカー画面

3「DVD を作成しています。お待ちください...」と表示されるので、しばらく待ちます。

書き込み中画面

4「ディスクに書き込まれました」と表示されるので、[閉じる]をクリックします。

※[このディスク(Windows 7の場合は"このDVD")の別のコピーを作成する]をクリックすると、同じDVDをもう一枚作成することができます。

Windows DVDメーカー画面

5「Windows DVD メーカー」の画面に戻るので、終了するには[ファイル]-[終了]を選択します。

Windows DVDメーカー画面

6「終了する前にプロジェクトを保存しますか?」と表示されるので、[はい]をクリックします。

※[いいえ]をクリックすると、保存せずに「Windows DVD メーカー」が終了します。

Windows DVDメーカー画面

7「プロジェクトの保存」画面が表示されるので、任意の場所を選択して[ファイル名]コンボボックスにファイル名を入力し、[保存する]をクリックします。以上で、DVDの作成は終了です。

プロジェクトの保存画面

このページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro7000, Pro4700, Pro5000, Pro7500, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, TY5000S, TY5100S, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, NJ3700E, NJ5700E, NJ5900E, NJ3900E, NJ5950E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, TB20S-B, JE3900, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, BB100, CM3100, CM970, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST10E, VT-2000, VT-75, SV110h, SV120h, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, NB50E, NB51E, TY1100S, PU100S, JE992, JE170, JE110, JE10
OS Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate

戻る