EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2018/08/01
  • FAQ番号: 021614
  • 仕様・設定

PCお役立ちナビ : システム診断ツールの使用方法

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

このページでは、PCお役立ちナビから起動する「システム診断ツール」の実行方法と、使用方法についてご説明します。本ツールはWindows 10/Windows 10ダウングレードモデルに搭載されている機能で、Windowsが起動できる場合に使用します。

Windowsが起動しない場合は、「Windows RE(回復環境)」または「システム回復オプション」からもシステム診断を行うことができます。詳細については下記コンテンツをご覧ください。

「システム診断ツール」について
「システム診断ツール」は、コンピューターの各機能が正常に動作するかを診断するツールです。コンピューターのトラブル時、原因がハードウェアにあるかどうかを調べることができます。

ワンポイント

[スタート]から起動するシステム診断ツールをお使いの場合 (Windows 10)

[スタート]-[システム診断ツール]をクリックして起動するシステム診断ツールをお使いの場合、操作方法については下記コンテンツをご覧ください。

PCお役立ちナビのバージョンが異なる場合

デスクトップ上にある「PCお役立ちナビ」アイコンが下記の場合は、このページで説明しているPCお役立ちナビとバージョンが異なります。下記コンテンツをご覧ください。

「PCお役立ちナビ」アイコン

注意

AY330S/TN30E/TN20Eの場合

AY330S、TN30E(※)とTN20E(※)では本機能は使用できません。
※2015年10月中旬より前に出荷された製品

システム診断ツール起動時にエラーが表示される(複数HDD/SSD搭載時)

2台目以降のHDD/SSDでパーティション分割を行っている場合に、「未割り当て」の領域が存在すると、システム診断ツール起動時に、下記「Application Error」画面が表示されて診断を実行できません。

「Application Error画面 Exception EAcessViolation in pci.exe at...」

この場合は、「ディスクの管理」画面で「未割り当て」の領域に対して、パーティション(ドライブ)の作成を行ってください。作成方法は下記コンテンツをご覧ください。

目次

起動方法

※画面デザインは異なる場合があります。

注意

  • システム診断ツールは管理者権限をもつユーザー アカウントで実行してください。
  • システム診断ツールはセーフモードでは動作しません。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログインします。

2 PCお役立ちナビを起動します。

<デスクトップ画面にPCお役立ちナビアイコンがある場合>
  • PCお役立ちナビアイコンをダブルクリックします。

    「PCお役立ちナビ」アイコン

<タブレットモードの場合 (Windows 10)>
  • [すべてのアプリ](すべてのアプリアイコン)-[EPSON DIRECT]-[PCお役立ちナビ]をタップします。

<スタートメニュー (スタート画面)にPCお役立ちナビタイルがある場合>
  • PCお役立ちナビタイルをクリックします。

    スタートメニュー

3 「PCお役立ちナビ」が起動するので、[トラブル解決]をクリックします。

PCお役立ちナビ

4 「トラブル解決」と表示されるので、[システム診断ツールの起動]をクリックします。

トラブル解決

5 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は[はい]をクリックします。

6 システム診断ツールが起動します。

自動的に診断が開始されます。

システム診断ツール

pagetopこのページの先頭へ

診断結果の確認方法

※画面デザインは異なる場合があります。

1 「テストステータス」の表示が「PASS」または「FAIL」になったら診断は完了です。
診断が完了すると表示される[レポートの表示]をクリックします。

システム診断ツール

ワンポイント

[レポートの印刷]から保存したレポートを印刷することもできます。

2 「名前を付けて保存」画面が表示が表示されるので、ファイル名を記載して(任意の名称)、[保存]をクリックします。

※レポートは、既定ではHTML形式で保存されますが、「ファイルの種類」で[Text Files (*.txt)]を選択すると、TXT形式で保存され、メモ帳で参照することができます。

「名前を付けて保存」画面

3 診断結果が表示されます。

診断結果

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MR7400E, MR7400, MR8000, MR8000E-L, MR8100, MR8100E, Pro5700, Pro5800, Pro5900, Pro8100-H, Pro8100-M, NA512E, NA513E, NJ3900E, NJ4000E, NJ4100E, NJ4100E-V, NJ5970E, NJ6000E, NJ6100E, TB01S, TN20E, TN21E, TN30E, NY2400S-Z, NY2500S-Y, NY2500S-Z, AT10, AT10-V, AT992E, AT993E, AY331S, MR4600E, MR4700E, PT110E, ST11E, ST20E, ST40E, ST170E, ST180E, TD160E
OS Windows 10 Home 64bit, Windows 10 Pro 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 7 Professional, Windows 7 Professional x64

戻る