EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2011/11/10
  • FAQ番号: 021960
  • 仕様・設定

MT7800 : BIOSアップデート手順(0131 10/16/07(#600A0-endeavor MT7800-BIOS ZA0131-CV4))

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)
MT7800用のBIOSアップデートプログラム「0131 10/16/07」(#600A0-endeavor MT7800-BIOS ZA0131-CV4)を、当社ダウンロードページから入手した場合のアップデート手順です。

ワンポイント

BIOSアップデートを実施する前に、あらかじめこのページを印刷しておくことをおすすめします。

アップデート対象バージョン


下記のバージョンを使用している場合のみ、本BIOSアップデートを行ってください。BIOSのバージョン確認方法は<バージョン確認方法>をご覧ください。

・0125 01/19/07 (#600A0-endeavor MT7800-BIOS ZA0125-CV1)
・0126 01/26/07 (#600A0-endeavor MT7800-BIOS ZA0126-CV2)
・0130 5/9/2007 (#600A0-endeavor MT7800-BIOS ZA0130-CV3)
<バージョン確認方法>

1.コンピューターを起動して画面に「EPSON」の文字が表示されたら、「Delete」キーを押します。

2.「Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility」が起動し、[Main]メニューが選択されているので、「↑」「↓」キーで[System Information]を選択して「Enter」キーを押します。

3.「System Information」と表示されるので、「BIOS Version」を確認します。「BIOS Version」が上記「アップデート対象バージョン」の場合に本BIOSアップデートを行います。

4.BIOSバージョンの確認が終了したら「Esc」キーを2回押します。

5.「Quit Without Saving (Y/N)?」と表示されるので、[YES]を選択して「Enter」キーを押します。コンピューターが再起動します。

注意

  • 本ソフトウェアに収録されている「同意書.TXT」をお読みいただき、その内容に同意したのちBIOSのアップデートを行ってください。
  • BIOSのパスワードが設定されている場合は、BIOSアップデートを行う前に必ずパスワードのクリアを行ってください。
  • 必ず管理者権限をもつユーザーアカウントでBIOSのアップデートを行ってください。
  • 必ずすべてのプログラムを終了してから、BIOSのアップデートを行ってください。
  • BIOSのアップデート中にコンピューターの電源を切らないでください。コンピューターが正常に起動しなくなる可能性があります。
  • BIOSアップデート完了後、ダウンロードしたファイルと解凍時に生成されたファイルは削除していただいて構いません。
  • TPM機能を使用している場合は、BIOSアップデートを行う前に、システムバックアップアーカイブなどの復元用ファイルを書き込み可能なCDメディアなどにバックアップしてください。

BIOSアップデート手順


BIOSのアップデートは下記のような流れで行います。

1.BIOSに設定されているパスワードのクリア
2.TPM機能を無効に設定
3.「ユーザー アカウント制御」を無効に設定(Windows Vistaの場合)
4.BIOSのアップデート

1.BIOSに設定されているパスワードをクリアする手順


BIOSのパスワードが設定されている場合は、BIOSアップデートを行う前に必ずパスワードをクリアする必要があります。以下の手順でBIOSのパスワードのクリアを行ってください。

1.コンピューターを起動して画面に「EPSON」の文字が表示されたら、「Delete」キーを押します。

2.「Enter Password」と表示されるので、コンピューターに設定されているSupervisor Passwordを入力して「Enter」キーを押します。

3.「Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility」が起動するので、「←」「→」キーで[Boot]メニューを選択します。

4.「↑」「↓」キーで[Security]を選択して、「Enter」キーを押します。

5.「Security」と表示されるので、[Supervisor Password]を選択している状態で「Enter」キーを押します。

6.「Enter Password」と表示されるので、何も入力しないで「Enter」キーを押します。

7.「PASSWORD DISABLED !!!」と表示されるので、「Enter」キーを押します。

8.「Esc」キーを押します。

9.「→」キーで[Exit]メニューを選択し、[Save & Exit Setup]を選択している状態で「Enter」キーを押します。

10.「Save configuration changes and exit now?」と表示されるので、[YES]を選択して「Enter」キーを押します。コンピューターが再起動します。

11.Windowsが起動したら、BIOSのパスワードをクリアする手順は完了です。続いてTPM機能を無効に設定します。

2.TPM機能を無効に設定する手順


TPM機能が有効になっている場合はBIOSアップデートを行う前に必ず無効に設定する必要があります。以下の手順でTPM機能を無効に設定してください。

1.コンピューターを起動して画面に「EPSON」の文字が表示されたら、「Delete」キーを押します。

2.「Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility」が起動するので「←」「→」キーで[Boot]メニューを選択します。

3.「↑」「↓」キーで[Security]を選択して「Enter」キーを押します。

4.「↑」「↓」キーで[Security Chip]を選択し、「Enter」キーを押します。

5.「Security Chip」と表示されるので、「↑」「↓」キーで[Disabled]を選択し、「Enter」キーを押します。

6.「Esc」キーを押し、「→」キーで[Exit]メニューを選択します。

7.[Save & Exit Setup]を選択している状態で「Enter」キーを押します。

8.「Save configuration changes and exit now?」と表示されるので[YES]を選択して「Enter」キーを押します。コンピューターが再起動します。

9.コンピューターが起動したら、TPM機能を無効にする手順は完了です。続いてWindows Vistaをご使用の場合は「ユーザー アカウント制御」を無効に設定します。Windows XPをご使用の場合は、BIOSのアップデートを行います。

3.「ユーザー アカウント制御」を無効に設定する手順


Windows Vistaをご使用で「ユーザー アカウント制御」が有効になっている場合はBIOSアップデートを行う前に必ず無効に設定する必要があります。以下の手順で「ユーザー アカウント制御」を無効に設定してください。

1.[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

2.[ユーザー アカウントと家族のための安全設定]または[ユーザー アカウント]を選択します。
※クラシック表示の場合は[ユーザー アカウント]をダブルクリックして、手順4へ進みます。

3.[ユーザー アカウント]を選択します。

4.「ユーザー アカウントの変更」と表示されるので、[ユーザーアカウント制御の有効化または無効化]をクリックします。

ユーザー アカウントの変更

5.「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。標準ユーザーアカウントでログオンしている場合は、管理者アカウントのパスワードを入力し、[OK]をクリックします。

6.「ユーザー アカウント制御 (UAC) を有効にして、お使いのコンピュータをより安全にします。」と表示されるので、[ユーザー アカウント制御 (UAC) を使ってコンピュータの保護に役立たせる]のチェックを外して[OK]をクリックします。

ユーザー アカウント制御 (UAC) を有効にして、お使いのコンピュータをより安全にします。

7.「これらの変更を適用するにはコンピュータを再起動する必要があります。」と表示されるので、他の開いている画面をすべて閉じて[今すぐ再起動する]をクリックし、コンピューターを再起動します。

これらの変更を適用するにはコンピュータを再起動する必要があります。

8.コンピューターが起動したら、「ユーザー アカウント制御」を無効にする手順は完了です。続いてBIOSのアップデートを行います。

4.BIOSのアップデート手順


1.アップデートを行う前に、現在のBIOS設定を控えておいてください。本体添付のユーザーズマニュアルの「BIOS Setupユーティリティの設定項目」に設定値を記録しておくページが用意されています。

2.ダウンロードしたファイルを解凍して作成された「mt7800_bios_cv4_1」フォルダー内にある「BIOSUPDATE」あるいは「BIOSUPDATE.bat」アイコンをダブルクリックします。

ダウンロードしたファイルを解凍して作成された「mt7800_bios_cv4_1」フォルダー

3.「MT7800 BIOS アップデートプログラム」と表示されるので、何かキーを押します。

MT7800 BIOS アップデートプログラム

4.「Update BIOS」画面が表示され、BIOSがアップデートされるのでしばらく待ちます。

5.「REBOOT Message」画面が表示されるので、[Yes]をクリックします。コンピューターが再起動します。

「REBOOT Message」画面

6.画面に「EPSON」の文字が表示されたら、「Delete」キーを押します。

7.「Phoenix - Award BIOS CMOS Setup Utility」が起動し、[Main]メニューが選択されているので、「↑」「↓」キーで[System Information]を選択して「Enter」キーを押します。

8.「System Information」と表示されるので、「BIOS Version」を確認します。「BIOS Version」が「0131 10/16/07」と表示されていれば、正常にBIOSのアップデートが完了しています。

9.BIOSバージョンの確認が終了したら「→」「←」キーで[Exit]メニューを選択します。

10.「↓」「↑」キーで「Load Optimized Defaults」を選択して、「Enter」キーを押します。

11.「Load Optimized Defaults (Y/N)?」と表示されるので、[YES]を選択して「Enter」キーを押します。

12. BIOSアップデート前に控えておいたBIOSの設定に従い、設定を変更します。必要に応じてBIOSのパスワードを設定し、TPM機能を有効に設定してください。

13.「→」キーで[Exit]メニューを選択し、[Save & Exit Setup]を選択している状態で「Enter」キーを押します。

14.「Save configuration changes and exit now?」と表示されるので、[YES]を選択して「Enter」キーを押します。コンピューターが再起動します。

15.コンピューターが起動したら、BIOSのアップデートは完了です。Windows Vistaをご使用で「ユーザー アカウント制御」を無効に設定した場合は有効に戻します。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MT7800
OS Windows XP Home Edition, Windows XP Professional

戻る