EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2016/04/12
  • FAQ番号: 023545
  • 仕様・設定

Windows Essentials 2012 : 再インストール手順(Windows 7 / Windows 8 / Windows 8.1)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

注意

Windows Essentials内コンポーネントのサポート終了について

2016年4月12日にWindows Essentialsに含まれているコンポーネントのサポートが終了します。
セキュリティーリスクがあるため、Windows Essentialsの再インストールは行わないでください。

詳しくは、下記コンテンツをご覧ください。

 

このページでは、「Windows Essentials 2012」の再インストール手順をご説明します。
なお、再インストールは、(1)アンインストール (2)インストールの順番で作業を行います。

リカバリーDVDを使ってWindowsのリカバリーを行った場合は、「インストール手順」を参照して、Windows Essentials 2012のインストールを行ってください。

「Windows Essentials 2012」について
「Windows Essentials 2012」は、「ムービーメーカー」「フォトギャラリー」「Windows Liveメール」など複数のソフトウェアを含むパッケージです。Windows 8 / Windows 8.1の場合、メール機能はスタート画面にあるメールアプリの使用をおすすめします。

ワンポイント

Windows Essentials 2012のインストールが不要な場合

次の場合は、Windows Essentials 2012はインストールされています。追加でインストールする必要はありません。

  • コンピューター購入時
  • Windows 8 / Windows 8.1でPCのリフレッシュや初期化を実施したとき

光ディスクドライブ(CD/DVDメディアが読み込めるドライブ)が搭載されていない製品をお使いの場合

光ディスクドライブが搭載されていない製品をお使いの場合、下記操作を行うには、外付け光ディスクドライブを接続する必要があります。
※リカバリーツールからインストールする場合は除きます。

Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合

<Windows 7で利用している場合>
インストール手順はWindows 7と同じです。「<Windows 7モデルの場合>」をご覧ください。
リカバリーツールCDが添付されている製品にて、Windows 8 / Windows 8.1をインストール後にWindows 7に変更した場合は、「消去禁止領域のバックアップからインストールする場合」をご覧ください。

<Windows 8 / Windows 8.1で利用している場合>
インストール手順は「<Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合>」をご覧ください。
リカバリーツールCDが添付されている製品の場合は、あらかじめ作成したバックアップからインストールを行います。詳しくは、コンピューターに添付のマニュアル「Windows 7 Professional(Windows 8 Pro ダウングレード / Windows 8.1 Pro ダウングレード)モデルをお使いの方へ」をご覧ください。

タッチ操作の場合

クリックをタップ、ダブルクリックをダブルタップに読み替えてください。

目次

インストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。

<Windows 7の場合>

<Windows 8の場合>

<Windows 8.1の場合>

<Windows 8ダウングレードモデル / Windows 8.1ダウングレードモデルの場合>

<Windows 10ダウングレードモデルの場合>

ワンポイント

バックアップからインストールする場合

リカバリーツールCDが添付されている機種では、コンピューターの本体ドライバーやアプリのインストール用データは、HDD内の次の場所に収録されています。

Windows 7 消去禁止領域
Windows 8.1 Windows RE領域

通常、リカバリーツールは、これらの領域内にあるデータを使用して、本体ドライバーやアプリをインストールしますが、次のような場合には、バックアップデータからインストールします。

Windows 8ダウングレードモデルで、Windows 7からWindows 8に入れ替えた場合
OSをWindows 7からWindows 8に入れ替える前に、あらかじめ本体ドライバーやアプリをバックアップしておく必要があります。Windows 8からWindows 7に戻した場合も、バックアップからインストールを行います。
Windows 8.1ダウングレードモデルで、Windows 7からWindows 8.1に入れ替えた場合
OSをWindows 7からWindows 8.1に入れ替える前に、あらかじめ本体ドライバーやアプリをバックアップしておく必要があります。Windows 8.1からWindows 7に戻した場合も、バックアップからインストールを行います。
HDDに不具合があってHDD内の消去禁止領域のデータが利用できなくなった場合
万一に備えて、あらかじめデータをバックアップしておくことをおすすめします。

HDD内のインストール用データのバックアップ方法は、リカバリーツールのバージョンにより異なります。下記をご参照ください。
※リカバリーツールのバージョンは、コンピューターに添付のCD-ROM「リカバリーツールCD」から確認できます。

<リカバリーツールCD Rel.8.xまで>

<リカバリーツールCD Rel.9.x以降>

リカバリーツールからインストールする場合

ワンポイント

リカバリーツールがインストールされていない場合は、リカバリーツールのインストールを行ってください。インストール方法については、下記コンテンツをご覧ください。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3デスクトップ上の「リカバリーツール」アイコンをダブルクリックします。

「リカバリーツール」アイコン

4「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

5「リカバリーツール」画面が表示されるので、[インストール]をクリックします。

6ソフトウェアの一覧が記載された「リカバリーツール」画面が表示されるので、[アプリケーションCD]または[標準アプリケーション]を選択して[インストール]をクリックします。

ソフトウェアの一覧が記載された「リカバリーツール」画面

7「アプリケーションのインストール」画面が表示されるので、以降の手順は、「アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合」-手順6以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 アプリケーションCD/ドライバーDVDを光ディスクドライブにセットします。

4 以下のいずれかの手順を行います。

<Windows 7の場合>

4-1「自動再生」画面が表示されるので、[EDCInst.exe の実行]をクリックします。

※「自動再生」画面が表示されない場合は[スタート]-[コンピューター]を選択し、光ディスクドライブをダブルクリックします。

「自動再生」画面

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

4-1 画面右上に表示されるメッセージをクリックします。

※画面右上にメッセージが表示されない場合は、[デスクトップ]-「エクスプローラー」「エクスプローラー」アイコン -「コンピューター(PC)」を選択し、光ディスクドライブをダブルクリックします。 手順5へ進みます。

画面右上のメッセージ

4-2「・・・操作を選んでください。」と表示されるので、「EDCInst.exe の実行」をクリックします。

・・・操作を選んでください。

5 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

6 表示される画面の一覧から[Windows Essentials]をクリックします。

7「インストールするプログラムの選択」と表示されるので、[インストールする製品の選択]をクリックします。

インストールするプログラムの選択

8「これらのプログラムがインストールされます」と表示されるので、以下のいずれかを実行してください。購入時と同じ製品がインストールされます。

※表示される製品の一覧は、お客様の環境によって異なります。

<Windows 7の場合>

8-1そのまま[インストール]をクリックします。

これらのプログラムがインストールされます

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

8-1[フォトギャラリーとムービーメーカー]にチェックを付け、[インストール]をクリックします。

これらのプログラムがインストールされます

9 インストールが開始されます。

注意

「不明なエラーが発生しました」とエラーメッセージが表示された場合

インストール中に「不明なエラーが発生しました」と表示される場合があります。

不明なエラーが発生しました

この場合は、インターネットに接続してWindows Updateを行うと、不具合修正プログラムが適用されます。
Windows Updateを実施後に、Windows Essentials 2012のインストールを行ってください。
通常、Windows Updateは、自動的に実行されるように設定されていますが、手動で実行することもできます。

10 しばらくすると、「完了しました」と表示されるので、 [今すぐ再起動]をクリックします。
コンピューターが再起動します。

※[閉じる]ボタンが表示された場合はクリックし、開いているウィンドウをすべて閉じた後、コンピューターを再起動します。

11 コンピューターが起動したら、Windows Essentials 2012のインストールは完了です。
CD/DVD/USB機器からインストールした場合は、CD/DVD/USB機器をコンピューターから取り出します。

※コンピューターがインターネットに接続されている場合、自動的に最新バージョンにアップデートされます。

pagetopこのページの先頭へ

C:\EPSONフォルダーからインストールする場合

1管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3チャームの[検索]-[アプリ]を選択し、アプリ一覧から「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

※タッチ操作の場合は、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

4 「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、[名前]に「C:\EPSON\App\WinEssentials\ja\wlsetup.exe」と入力して、[OK]をクリックします。

5「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

6「インストールするプログラムの選択」と表示されるので、以降の手順は、「アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合」-手順7以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

バックアップからインストールする場合

ここでは、USB機器へのバックアップからインストールする手順を説明します。
※CDにバックアップした場合は、「アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合」をご覧ください。

1 管理者権限をもつユーザーアカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3 バックアップデータの入ったUSB機器をコンピューターに接続します。

4以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

4-1「自動再生」画面が表示されるので、[フォルダーを開いてファイルを実行]をクリックし、手順5へ進みます。

※「自動再生」画面が表示されない場合は、[スタート]-[コンピューター]を選択し、USB機器をダブルクリックします。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

4-1画面右上に表示されるメッセージをクリックします。

※画面右上にメッセージが表示されない場合は、[デスクトップ]-「エクスプローラー」「エクスプローラー」アイコン-「コンピューター(PC)」を選択し、USB機器をダブルクリックします。 手順5へ進みます。

画面右上のメッセージ

4-2「・・・操作を選んでください。」と表示されるので、「フォルダーを開いてファイルを表示」をクリックします。

・・・・操作を選んでください。

5 バックアップしたフォルダーの直下にある、「EPSONInst.exe」アイコンをダブルクリックします。

「EPSONInst.exe」アイコン

5 「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

6ソフトウェアの一覧が記載された「リカバリーツール」画面が表示されるので、[アプリケーションCD]または[標準アプリケーション]を選択して[インストール]をクリックします。

ソフトウェアの一覧が記載された「リカバリーツール」画面

7「アプリケーションのインストール」画面が表示されるので、以降の手順は、「アプリケーションCD/ドライバーDVDからインストールする場合」-手順6以降をご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

Webからダウンロードしてインストールする場合

Windows 10ダウングレードモデルの場合、Windows Essentials 2012はWebからダウンロードしてインストールします。
下記のリンクをクリックして、マイクロソフト社のWeb サイトよりWindows Essentials 2012を入手してください。

  • マイクロソフト社 > Windows Essentials
    ※リンク先のサイトはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。

pagetopこのページの先頭へ

アンインストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでログオンします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

3-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

3-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

※タッチ操作の場合は、[デスクトップ]をタップし、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

4「コントロールパネル」画面が表示されるので、[プログラム]-[プログラムのアンインストール]を選択します。

5 「プログラムのアンインストールまたは変更」画面が表示されるので、[Windows Essentials 2012]を選択し、[アンインストール]または[アンインストールと変更]をクリックします。

「プログラムのアンインストールまたは変更」画面

6 「Windows Essentials プログラムのアンインストールと修復」と表示されるので、[Windows Essentials プログラムの削除]をクリックします。

「Windows Essentials プログラムのアンインストールと修復」と表示される画面

7 「アンインストールするプログラムの選択」と表示されるので、アンインストールするプログラムのチェックボックスにチェックを付けて、[アンインストール]をクリックします。

8アンインストールが行われるので、しばらく待ちます。

※アンインストールには数分かかる場合があります。

9 「完了しました」と表示されるので、[閉じる]をクリックします。

※[今すぐ再起動]ボタンが表示された場合はクリックします。コンピューターが再起動するので、手順11へ進みます。

10 プログラムの一覧から[Windows Essentials 2012]が消えたら、開いているウィンドウをすべて閉じた後、コンピューターを再起動します。

11 コンピューターが起動したら、Windows Essentials 2012のアンインストールは完了です。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, MR7400E, MR7400, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro5700, Pro7500, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, Pro8100-H, Pro8100-M, TY5100S, NA601E, NA511E, NA512E, NJ3700E, NJ3900E, NJ5700E, NJ5900E, NJ5950E, NJ5970E, TN10E, NY10S, NY2300S, NY2400S, NY2400S-Y, NY2400S-Z, NY40S, NY40S-B, NY2500S-Z, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY321S, AY330S, AY331S, MR4300E, MR4400E, MR4500E, MR4600E, NB51E, NP31S, PT100E, PT110E, PU100S, ST10E, ST11E, ST160E, ST170E, TD160E, TY1100S
OS Windows 8.1 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64

戻る