EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2008/09/12
  • FAQ番号: 027472
  • 仕様・設定

Windows XP:109 USBキーボードを使う

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

ここでは日本語対応109 USBキーボードについて説明します。
購入時にほかのキーボードを選択し、キーボードにマニュアルが添付されている場合は、本コンテンツとあわせてご確認ください。

目次

キーの種類と役割

109個のキーにはそれぞれ異なった機能が割り当てられています。

109 USBキーボード

a:機能キー

文字を消す、入力位置を変えるなど、特別な役割が割り当てられたキーです。機能キーの役割はソフトウェアによって異なります。

b:ホットキー

109 USBキーボードには、3種類のホットキーが搭載されています。

※109USBキーボードユーティリティーのインストール/アンインストール手順については「ホットキーユーティリティーのインストール 」をご覧ください。

Uボタン
Uボタン
Uボタンにはお好きな機能を割り当てることができます。

※Uボタンはキーボードユーティリティーが起動していないと使用できません。(起動している場合は通知領域に「Hotkey Setup」アイコンが表示されます。)
通知領域に「Hotkey Setup」アイコンが表示されていない場合は、[スタート]-[ファイル名を指定して実行]-[名前]に「MHOTKEY」と入力し、[OK]をクリックします。
インフォメーションボタン
インフォメーションボタン
押すと、インフォメーションメニューが開きます。
スリープボタン
スリープボタン
押すと、コンピューターがスタンバイ状態になります。

※省電力機能についての詳細は「Windows XP:省電力機能を使う」をご覧ください。

c:キーロック表示ランプ

キーボード右上の3つのランプは、キーボードの入力状態を表示しています。

Num Lock
Num Lock
役割数値キーの状態を切り替え
切り替え「Num Lock」キーを押します。
点灯時数値を入力
消灯時カーソルの位置を制御
数値キーの「←」「↑」「Home」キーなどが使えます。
Caps Lock
Caps Lock
役割アルファベットの大文字/小文字の切り替え
切り替え「Shift」キー+「Caps Lock」キーを押します。
点灯時大文字を入力
消灯時小文字を入力
Scroll Lock
Scroll Lock
役割ソフトウェアによって異なります。
切り替え「Scroll Lock」キーを押します。

d:制御キー

文字キーや機能キーの働きを変化させます。単独では機能しません。

e:文字キー

英数字、記号の入力や日本語入力システムを利用して漢字やひらがななどの日本語を入力します。

f:数値キー

数字、演算子などを入力します。Num Lock「Num Lock」キーの状態によりキーの機能が変わります。

pagetopこのページの先頭へ

文字を入力するには

文字キーを押すとキートップ(キーの上面)に印字された文字が入力されます。入力モードによって、入力される文字は異なります。

直接入力モードキートップのアルファベットをそのまま入力します。
日本語入力モードローマ字入力キートップのアルファベットでローマ字を入力し、漢字やひらがなに変換します。
かな入力キートップのひらがなをそのまま入力し、漢字やカタカナに変換します。

※入力モードの切り替え
半角/全角「半角/全角」キーを押すと、直接入力モードと日本語入力モードを切り替えることができます。
日本語入力モードのローマ字入力とかな入力の設定は日本語入力システムで行います。

pagetopこのページの先頭へ

日本語を入力するには

MS-IME

a:入力モード入力モード(ひらがな、カタカナ、英数字など)を選択します。
b:ヘルプMS-IMEの詳しい説明を見ることができます。
c:かなキーロック日本語入力モードの切り替えを行います。
ボタンが押されていない状態:ローマ字入力
ボタンが押されている状態:かな入力
※MS-IME以外の日本語入力システムを使用する場合は、そのシステムに添付されているマニュアルをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

ホットキーユーティリティーのインストール

109USBキーボードユーティリティーのインストール/アンインストール手順については、以下コンテンツをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

USBハブ機能

109 USBキーボードの側面には、USB1.1に対応した2個のUSBコネクターが搭載されています。キーボードをコンピューターに接続することにより、USBハブのようにキーボードのUSBコネクターを使用することができます。

USBハブ機能

片方のUSBコネクターには、マウスを接続します。もう一方には、USB機器を接続して使用することができます。

注意

  • キーボードのUSBコネクターは、USB1.1対応のため、USB2.0機器を接続した場合でも、USB1.1の転送速度で動作します。
  • キーボードのUSBコネクターは、100mA以上の電力を必要とするUSB機器を接続して使用することはできません。
    USB機器に添付のマニュアルをご覧になり、使用できるか確認してください。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MT7900, Pro4350, Pro4500, Pro7000
OS Windows XP Professional, Windows XP Professional x64 Edition

戻る