Epson Direct SHOP
EPSON

ユーザーサポート

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2011/08/05
  • FAQ番号: 028950
  • トラブル

ソフトウェアが正常にインストールできない場合の対処方法

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

ソフトウェアが正常にインストールできない場合、動作環境に適合していなかったり、インストール環境や手順、ログオンしているユーザーアカウントの権限や名前の問題などが考えられます。

以下の内容を確認してください。図の各項目をクリックすると、詳細が表示されます。

ソフトウェアが正常にインストールできない場合の対処方法の手順図

一時ファイルのパスを確認する ソフトウェアの製造元に連絡する ご購入後にインストールしたWindowsのService Packをアンインストールする 常駐ソフトを無効にする ユーザーアカウントの名前を確認する ユーザーアカウントの権限を確認する 動作環境とインストール手順を確認する Windowsを再起動する

Windowsを再起動する

Windowsが不安定になっていることにより、ソフトウェアが正常にインストールできない場合があります。Windowsを再起動し、他のソフトウェアを起動していない状態でインストールできるかご確認ください。

pagetopこのページの先頭へ

動作環境とインストール手順を確認する

ソフトウェアのマニュアルをご覧いただき、下記のような動作環境に適合しているか、インストール時の注意事項がないかをご確認ください。また、インストール手順も再度ご確認ください。

  • 対象OS
  • HDDの空き容量
  • 必要メモリー

コンピューター本体のドライバーの場合は、コンピューターのユーザーズマニュアルをご確認ください。

ワンポイント

お使いのコンピューターに「PCお役立ちナビ」がインストールされている場合、ユーザーズマニュアルはPCお役立ちナビから参照できます。

ユーザーズマニュアルは当社ダウンロードページからもダウンロードすることができます。
※一部、ユーザーズマニュアルをご提供できない機種がございます。

pagetopこのページの先頭へ

ユーザーアカウントの権限を確認する

ログオンしているユーザーアカウントが、ソフトウェアをインストールすることができる権限(「管理者」など)を持っているかをご確認ください。操作が制限されているユーザーアカウントでは、ソフトウェアをインストールできない場合があります。ソフトウェアをインストールすることができる権限をもつユーザーアカウントでログオンし、インストールできるかご確認ください。
ユーザーアカウントの設定方法については下記コンテンツをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

一時ファイルのパスを確認する

Windowsはソフトウェアのインストール時に一時ファイルを作成します。その一時ファイルのパス(ファイルの保存場所を示す文字列)に、半角以外の文字(全角、漢字、ひらがな)があるとインストールができない場合があります。
以下の手順で一時ファイルのパスを確認し、半角以外の文字を使っている場合は一時ファイルのパスを変更してください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1以下のいずれかの手順で、「システムのプロパティ」画面を表示します。

Windows 2000の場合

1-1[スタート]-[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

1-2「コントロールパネル」画面が表示されるので、「システム」をダブルクリックします。

Windows XPの場合

1-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。
クラシック [スタート] メニューの場合は、[スタート]-[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、「パフォーマンスとメンテナンス」をクリックします。
クラシック表示の場合は「システム」をダブルクリックして手順2に進みます。

1-3「パフォーマンスとメンテナンス」画面が表示されるので、「システム」をクリックします。

Windows Vistaの場合

1-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。
クラシック [スタート] メニューの場合は、[スタート]-[設定]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、「システムとメンテナンス」をクリックします。
クラシック表示の場合は「システム」をダブルクリックして手順1-4に進みます。

1-3[システム]を選択します。

1-4「コンピュータの基本的な情報の表示」と表示されるので、[システムの詳細設定]をクリックします。

1-5「ユーザー アカウント制御」画面が表示された場合は、[続行]をクリックします。

Windows 7の場合

1-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

1-2「コントロール パネル」画面が表示されるので、[システムとセキュリティ] を選択します。
表示方法が「大きいアイコン」または「小さいアイコン」の場合は「システム」をクリックし、手順1-4に進みます。

1-3[システム]を選択します。

1-4「コンピューターの基本的な情報の表示」と表示されるので、[システムの詳細設定]をクリックします。

2「システムのプロパティ」画面が表示されるので、「詳細設定」タブ(Windows 2000の場合は「詳細」タブ)を選択して、[環境変数]をクリックします。

「システムのプロパティ」画面

3「環境変数」画面が表示されるので、「"ユーザー名" のユーザー環境変数」の「TEMP」と「TMP」の「値」を確認し、半角以外の文字を使っている場合は「TEMP」または「TMP」を選択して[編集]をクリックします。

ワンポイント

「%USERPROFILE%」にはログオンしているユーザーアカウント名も含まれます。ユーザーアカウントの名前に全角文字を使用している場合は、パスを変更してください。

「環境変数」画面

4「ユーザー変数の編集」画面が表示されるので、「変数値」に半角文字のみのパスを入力して[OK]をクリックします。

「ユーザー変数の編集」画面

5「TEMP」と「TMP」の「値」が半角文字のみになったことを確認して[OK]をクリックします。以上で一時ファイルのパスの変更は完了です。

「環境変数」画面

pagetopこのページの先頭へ

ユーザーアカウントの名前を確認する

ユーザーアカウント名に次のような文字を使用している場合には、ソフトウェアをインストールできないことがあります。

  • 「%」、「全角スペース」などの記号を使用している場合
  • ひらがなや漢字などの全角文字を使用している場合

このような場合には、半角英数字のみを使用した別のユーザーアカウントを作成してログオンし、ソフトウェアがインストールできるかご確認ください。

ユーザーアカウントの設定方法については下記コンテンツをご覧ください。

pagetopこのページの先頭へ

常駐ソフトを無効にする

コンピューター起動時に読み込むサービスやプログラム(常駐ソフト)が原因でソフトウェアが正常にインストールできない場合があります。 下記手順で一時的に常駐ソフトを無効にしてからインストールできるかご確認ください。

注意

ウイルス対策やセキュリティー関係の常駐ソフトは無効にしないでください。

Windows Vista または Windows 7の場合

下記手順で使用している画面はWindows Vistaのものです。

1[スタート]-[すべてのプログラム]-[アクセサリ]-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

※クラシック [スタート] メニューの場合は、[スタート]-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

2「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、[名前]に「msconfig」と入力して、[OK]をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」画面

3「システム構成」画面が表示されるので、「スタートアップ」タブをクリックし、[スタートアップ項目]にチェックがすべて入っていない場合は現在の設定をメモしてから、[すべて無効にする]をクリックして[OK]をクリックします。

「システム構成」画面

4「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示された場合は、[再起動]をクリックします。

コンピューターが再起動します。

※「システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。」と表示されない場合は、画面をすべて閉じた後コンピューターを再起動します。

システム構成の変更を有効にするには、再起動が必要な場合があります。

5コンピューターが起動したら、ソフトウェアをインストールできるかご確認ください。

ソフトウェアがインストールできたら、手順3で開いた「システム構成」画面-「スタートアップ」タブの設定を元に戻してください。
※すべての項目にチェックを付けるには[すべて有効にする]をクリックします。

Windows XPの場合

1[スタート]-[ファイル名を指定して実行]を選択します。

2「ファイル名を指定して実行」画面が表示されるので、[名前]に「msconfig」と入力して、[OK]をクリックします。

「ファイル名を指定して実行」画面

3「システム構成ユーティリティ」画面が表示されるので、「スタートアップ」タブをクリックし、[スタートアップ項目]にチェックがすべて入っていない場合は現在の設定をメモしてから、[すべて無効にする]をクリックして[OK]をクリックします。

「システム構成ユーティリティ」画面

4「システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。」と表示されるので、[再起動]をクリックします。

システム構成の変更を有効にするには、再起動する必要があります。

5コンピューターが起動すると「システム構成ユーティリティを使って Windows の開始方法を変更しました。」と表示されるので、[Windows の開始時にこのメッセージを表示しない、またはシステム構成ユーティリティを起動しない。] にチェックを付けて[OK] をクリックします。

システム構成ユーティリティを使って Windows の開始方法を変更しました。

6ソフトウェアをインストールできるかご確認ください。

ソフトウェアがインストールできたら、手順3で開いた「システム構成ユーティリティ」画面-「スタートアップ」タブの設定を元に戻してください。
※すべての項目にチェックを付けるには[すべて有効にする]をクリックします。

Windows 2000の場合

1デスクトップ右下の「タスクトレイ」内にあるソフトウェアのアイコンを右クリックします。表示されるメニュー内に、常駐ソフトを無効にする項目や終了する項目がある場合は、それらを選択します。

2「タスクトレイ」 内にアイコンが複数ある場合には、手順1を繰り返します。
常駐ソフトを一時的に無効にしてソフトウェアがインストールできたら、常駐ソフトを有効に戻してください。

pagetopこのページの先頭へ

ご購入後にインストールしたWindowsのService Packをアンインストールする

製品出荷時よりも新しいバージョンのWindowsのService Packがインストールされていると、ソフトウェアが正常にインストールできない場合があります。
ご購入後にService Packをインストールされている場合は、Service Packをアンインストールしてからインストールできるかご確認ください。

pagetopこのページの先頭へ

ソフトウェアの製造元に連絡する

上記の内容をご確認いただいても現象が改善されない場合、お手数ですが、ソフトウェアの製造元にご連絡いただき、他の対処方法がないかご確認ください。連絡先についてはソフトウェアのマニュアルなどでご確認ください。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro7000, Pro4700, Pro5000, Pro7500, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, TY5000S, TY5100S, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ5500E, NJ3700E, NJ5700E, NJ5900E, NJ3900E, NJ5950E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, TB20S-B, JE3900, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, BB100, CM3100, CM970, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST10E, VT-2000, VT-75, SV110h, SV120h, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, NB50E, NB51E, TY1100S, PU100S, JE992, JE170, JE110, JE10
OS Windows 7 Starter, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64, Windows Vista Home Basic, Windows Vista Business, Windows Vista Home Premium, Windows Vista Ultimate, Windows Vista Business 64-bit, Windows Vista Ultimate 64-bit, Windows XP Home Edition, Windows XP Professional, Windows XP Professional x64 Edition, Windows XP Media Center Edition 2005, Windows 2000 Professional

戻る