EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2018/08/10
  • FAQ番号: 034498
  • 仕様・設定

パーティションの設定を変更する方法(Windows 10)

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

パーティションの設定を変更するには、「ディスクの管理」を使用します。ここでは2台目以降のHDD/SSDのパーティションの設定を変更(拡張/縮小/削除/作成)する方法を説明します。※ここでは、FドライブとGドライブを例にして説明します。
パーティションの設定変更は、次のような場合に行います。

説明
拡張 ドライブのサイズを大きくしたいときに行います。
拡張はドライブのすぐ後ろ(右隣り)に「未割り当て」の領域がある場合のみ可能です。
縮小 ドライブのサイズを小さくしたいときに行います。パーティションを2つに分割する場合、ドライブを縮小すると、残りの領域が「未割り当て」になります。
ドライブ内に十分な空き容量を確保できない場合や、HDD内のデータが断片化している場合など、お使いの環境によって、縮小できるサイズには限界があります。
削除 拡張/縮小ではドライブのサイズを変更できない場合や、分割していたドライブを1つにしたい場合などに行います。パーティションを削除すると、パーティション内のデータはすべて削除されて「未割り当て」の領域になります。
作成 HDD/SSD内の「未割り当て」の領域を、ドライブとして使用するためにパーティションを作成します。新しいHDD/SSDを取り付けた場合にも、パーティションの作成が必要です。

「ディスクの管理」上でのCドライブ(1台目のHDD/SSD)のパーティション分割・変更は、当社では動作保証していません。
Cドライブのパーティション分割・変更を行う場合は、下記コンテンツをご覧ください。

※本コンテンツの内容は2018年8月時点の情報に基づいています。

注意

パーティションの設定を変更する場合は、万が一に備えて重要なデータは外付けHDDなどにバックアップしてください。

目次

拡張する場合

作業イメージ

Fドライブのサイズを拡張するには、Fドライブの右側に「未割り当て」の領域が必要です。ここでは、Gドライブを削除して「未割り当て」の領域を作成してから、Fドライブを拡張する方法を説明します。

拡張する場合の作業イメージ

操作方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、[ディスクの管理]を選択します。

2 パーティションの変更(拡張/縮小/削除/作成)を行います。

3 「ディスクの管理」画面が表示されるので、Gドライブを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して表示されたメニューから「ボリュームの削除」を選択します。

「ボリュームの削除」を選択

4 「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

注意

パーティションを削除すると、そのパーティションに保存していたデータは消去されます。必ず、データを外部メディアなどにバックアップした上で、パーティションを削除してください。

「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリック

5 Gドライブが削除されて「未割り当て」の領域が作成されたことを確認します。

Gドライブが削除されて「未割り当て」の領域が作成された画面

6 続いて、Fドライブを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して表示されたメニューから「ボリュームの拡張」を選択します。

「ボリュームの拡張」を選択

7 「ボリュームの拡張ウィザードの開始」と表示されるので、[次へ]をクリックします。

「ボリュームの拡張ウィザードの開始」画面

8 「ボリュームの拡張ウィザード」画面が表示されるので、「ディスク領域(MB)を選択」でFドライブに追加したい容量を入力して[次へ]をクリックします。

「ディスク領域(MB)を選択」の初期値は最大値(手順5で「未割り当て」になったサイズすべて)が表示されます。
※ここでは例として、未割り当て領域から「100000MB」をFドライブの拡張に割り当てます。

「ボリュームの拡張ウィザード」画面

9 「ボリュームの拡張ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。

[完了]をクリック

10 Fドライブが拡張されて、Fドライブの容量が増えます。

Fドライブが拡張されてFドライブの容量が増えた画面

11 Fドライブの右側に「未割り当て」の領域が残されている場合は、続いて「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成します。ドライブが「未割り当て」の状態のままでは利用できません。

新しいドライブの作成手順については、「作成する場合」の項目をご覧ください。新しいドライブを作成したら作業は完了です。

「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成

pagetopこのページの先頭へ

縮小する場合

作業イメージ

Fドライブを縮小すると、Fドライブの右側に空き領域(「未割り当て」の領域)が作成されます。この「未割り当て」の領域を使用してFドライブ以外のドライブのサイズが拡張できます。ここでは、Fドライブを縮小し、「未割り当て」の領域を使用してGドライブを拡張する方法を説明します。 Fドライブの縮小で作成された「未割り当て」の領域を使用してGドライブを拡張するには、Gドライブを削除する必要があります。

縮小する場合の作業イメージ

操作方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、[ディスクの管理]を選択します。

2 パーティションの変更(拡張/縮小/削除/作成)を行います。

3 「ディスクの管理」画面が表示されるので、Fドライブを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して表示されたメニューから「ボリュームの縮小」を選択します。

「ボリュームの縮小」を選択

4 「(ドライブ文字)の縮小」画面が表示されたら、「縮小する領域のサイズ」に縮小したい容量分のサイズを入力して[縮小]をクリックします。

「縮小可能な領域のサイズ」に表示されている数値が、「縮小する領域のサイズ」へ入力できる数値の上限となります。
※ここでは例として、「100000MB」を入力します。

「縮小する領域のサイズ」を入力して[縮小]をクリック

5 Fドライブが縮小されて「未割り当て」領域が作成されたことを確認します。

Fドライブが縮小されて「未割り当て」領域が作成された画面

6 続いて、Gドライブを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して表示されたメニューから「ボリュームの削除」を選択します。

「ボリュームの削除」を選択

7 「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」と表示されるので、[はい]をクリックします。

注意

パーティションを削除すると、そのパーティションに保存していたデータは消去されます。必ず、データを外部メディアなどにバックアップした上で、パーティションを削除してください。

Gドライブが削除されて「未割り当て」の領域が作成されます(手順5で作成された「未割り当て」の領域へ追加されます)。

「このボリュームを削除するとボリューム上のデータがすべて削除されます。」画面で[はい]をクリック

8 「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成します。
ドライブが「未割り当て」の状態のままでは利用できません。

新しいドライブの作成手順については、「作成する場合」の項目をご覧ください。新しいドライブを作成したら作業は完了です。

「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成

pagetopこのページの先頭へ

削除する場合

注意

パーティションを削除すると、そのパーティションに保存していたデータは消去されます。必ず、データを外部メディアなどにバックアップした上で、パーティションを削除してください。

操作方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、[ディスクの管理]を選択します。

2 パーティションの変更(拡張/縮小/削除/作成)を行います。

3 「ディスクの管理」画面が表示されるので、削除するパーティションを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して、表示されるメニューより「ボリュームの削除」を選択します。

「ボリュームの削除」を選択

4 「シンプル ボリュームの削除」画面が表示されるので、[はい]をクリックします。これでパーティションの削除は完了です。

「シンプル ボリュームの削除」画面で[はい]をクリック

pagetopこのページの先頭へ

作成する場合

操作方法

以下の手順は、管理者アカウントでサインインして行ってください。

※画面デザインは異なる場合があります。

1 スタートを右クリック(タッチ操作の場合は長押し)し、[ディスクの管理]を選択します。

2 パーティションの変更(拡張/縮小/削除/作成)を行います。

3 「ディスクの初期化」画面が表示された場合は、「GPT(GUIDパーティションテーブル)」にチェックが付いていることを確認して、[OK]をクリックします。

新しいHDD/SSDを取り付けた場合に表示されます。

「ディスクの初期化」画面

4 画面下のビューより、パーティションを設定したい「未割り当て」の領域を右クリック(タッチ操作の場合は長押し)して、表示されるメニューより「新しいシンプル ボリューム」を選択します。

「新しいシンプル ボリューム」を選択

5 「新しいシンプル ボリューム ウィザード」画面が表示されるので、[次へ]をクリックします。

「新しいシンプル ボリューム ウィザード」画面

6 「ボリューム サイズの指定」と表示されるので、[シンプル ボリューム サイズ]に、作成するパーティションのサイズを入力して[次へ]をクリックします。

「未割り当て」領域を1つのパーティションにしたい場合は、「最大ディスク領域」欄に表示されているサイズと同様の数値を入力します。
「未割り当て」領域を2つ以上のパーティションに分割したい場合は、「最大ディスク領域」欄に表示されているサイズを必要に応じて分割して、その片方のサイズを入力します。※初期値は最大値が設定されています。

「ボリューム サイズの指定」

7 「ドライブ文字またはパスの割り当て」と表示されるので、ドライブ文字、または割り当てるパスを選択して、[次へ]をクリックします。

「ドライブ文字またはパスの割り当て」

8 「パーティションのフォーマット」と表示されるので、[このボリュームを次の設定でフォーマットする]が選択されていることを確認して、[次へ]をクリックします。

「パーティションのフォーマット」

9 「新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリックします。自動的にフォーマットが行われます。

「新しいシンプル ボリューム ウィザードの完了」と表示されるので、[完了]をクリック

10 フォーマットが終了すると、パーティションの作成は完了です。

※ドライブが「未割り当て」の状態のままでは利用できません。残りの「未割り当て」の領域から新しいドライブを作成する必要があります。新しいドライブを作成するには、「作成する場合」-手順4からの操作を繰り返してください。

パーティション作成後の画面

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 ATX-7000, ATX-7001, CREASENSE 3000, CREASENSE 3500, CREASENSE 5000, CREASENSE 5000A, CREASENSE Pro, ET-6000, ET-6500, ET-6800, ET-8000, LX2500, LX7500, LX7700, LX7800, LX7900, LX9000, MR6000, MR6500, MR6500E, MR6700, MR6700E, MR6900, MR6900E, MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, MR7400E, MR7400, MR8000, MR8000E-L, MR8100, MR8100E, MT-3000, MT-3000A, MT-3500, MT-4000, MT-4500, MT-6000, MT6100, MT7000, MT7300, MT7500, MT7700, MT7800, MT7900, MT8000, MT8800, MT9000, Pro-1000, Pro1100, Pro-200, Pro2000, Pro-200E, Pro2500, Pro-300, Pro3000, Pro3100, Pro-330, Pro3300, Pro3500, Pro-400, Pro4000, Pro4300, Pro4350, Pro4500, Pro-500L, Pro-600L, Pro-620L, Pro-650L, Pro-700L, Pro-720L, Pro-800L, Pro-900, Pro4700, Pro5000, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro5700, Pro5800, Pro5900, Pro7000, Pro7500, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, Pro8100-H, Pro8100-M, RC-330 Model DV, RC-330 Model PV, RC-330 Model RX, RC-400 Model DV, RC-400 Model PV, RC-400 Model RX, RC-500 Model RX, TC500L, TC500M, TC515L, TC515M, TC535LN, TC535LR, TC535LRN, TC535MN, TC535MR, TC535MRN, TC720, TC730, TC840, TC940, TP1030AV, TP1040AV, TP1040RV, TP515LR, TP515MR, TP715LR, TP715LRN, TP715MR, TP715MRN, TP820R, TP830AV, TP863R, TY5000S, TY5100S, VZ-3000, VZ-4000, VZ-5000, VZ-6000, BN100, ES10, F530H, F530P, F550H, F550P, F730, F735, F750, F755, L330H, L330P, L330T, L350H, L350P, L350T, NC610, NC710, NC710R, NC715, NC715DR, NC715R, NC820, NC820DR, NC820R, NC821, NC821DR, NC821R, R230H, R230P, R250H, R250P, R330H, R330P, R350H, R350P, R365H, R365P, R385H, R385P, R430H, R430P, R450H, R450P, R530H, R530P, R550H, R550P, R730H, R730P, R750H, R750P, R755H, R755P, R765H, R765P, R830H, R830P, R850H, R850P, R855H, R855P, R865H, R865P, R885H, R885P, S150H, S150P, S150T, S160H, S160P, S160T, S270H, S270P, S270T, JE91, JE94, JE3900, JN4100, LX1000, NA101, NA102, NA103, NA104, NA701, NA702, NA801, NA802, NA501E, NA601E, NA511E, NA512E, NA513E, NA513E-V, Na01mini_Na01mini-H, Na02mini-V_Na02mini, Na03mini, Na04mini, Na14S, NJ1000, NJ2000, NJ2050, NJ2100, NJ3000, NJ5000Pro, NJ5100Pro, NJ5200Pro, NJ2150, NJ3100, NJ3100E, NJ3300, NJ3300E, NJ3350E, NJ3500E, NJ3700E, NJ3900E, NJ4000E, NJ4100E, NJ4100E-AC, NJ4100E-V, NJ5500E, NJ5700E, NJ5900E, NJ5950E, NJ5970E, NJ6000E, NJ6100E, NT-100, NT-1000, NT-1200, NT-1400, NT2000, NT2500, NT2600, NT2700, NT2800, NT2850, NT300, NT3000, NT330, NT331, NT340, NT350, NT-500, NT-5000, NT550, NT-600, NT6000, NT-700, NT7000Pro, NT7100Pro, NT7200Pro, NT-800, NT9000Pro, NT9500Pro, TB01S-B, TB01S, TB20S-B, TK-100, TK-300, TK-400, TN10E, TN20E, TN21E, TN30E, CM2150, F52A, NY10S, NY2000, NY2100S, NY2200S, NY2300S, NY2400S, NY2400S-Y, NY2400S-Z, NY3000, NY3200S, NY3300S, NY40S, NY40S-B, NY2500S-Y, NY2500S-Z, AT10, AT10-AC, AT10-V, AT-1000, AT-1500, AT200, AT205, AT-3000, AT-3050, AT-3500, AT-3550, AT-3600, AT-400C, AT-500, AT-5000, AT-500L, AT-5500, AT-550L, AT-550LK, AT-6000, AT-600C, AT-6500, AT-650C, AT-6800, AT-680C, AT-6900, AT-690C, AT-700C, AT-8000, AT-800C, AT-900C, AT920C, AT930C, AT950, AT951, AT955, AT960, AT970, AT971, AT971E, AT980E, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AT993E, AT994E, AY300-V_AY300, AY301-V_AY301, AY311S, AY320S, AY321S, AY330S, AY331S, BB100, CM3100, CM970, JE10, JE110, JE170, JE180, JE20, JE4500, JE93, JE992, JE993, JS40, CREASENSE, CREASENSE PS, CREASENSE XS, FX615D, FX615R, FX720, FX720D, FX720R, MR1000, MR1050, MR1300, MR1350, MR1500, MR1550, MR2000, MR2100, MR3000, MR3100, MR3300, MR3500, MR4000, MR4100, MR4300E, MR4400E, MR4500E, MR4600E, MR4700E, MR4800E, MV1100H, MV1100P, MV1300H, MV1300P, MV1500H, MV1500P, MW1000H, MW1000P, MW2300H, MW2300P, MW2500H, MW2500P, MW3000H, MW3000P, MW3300H, MW3300P, MW3500H, MW3500P, MX1300H, MX1300P, MX1500H, MX1500P, MX1600HTV, MX1600PTV, MX1700HTV, MX1700PTV, MX1800HTV, MX1800PTV, MX2500HTV, MX2500PTV, MX2700HTV, MX2700PTV, MX3500HVR, MX3500PVR, MX3550HVR, MX3550PVR, MX3700HVR, MX3700PVR, MX3850HVR, MX3850PVR, NB50E, NB51E, NP11-V_NP11, NP12-V_NP12, NP15, NP25S, NP30S, NP31S, Pro-100L, PT-2000, PT-2100, PT-2200, PT-3000, PT4000, PT4300, PT5000, PT100E, PT110E, PU100S, ST10E, ST11E, ST20E, ST40E, ST100, ST110, ST120, ST120E, ST125E, ST150E, ST160E, ST170E, ST180E, ST190E, SY01, SV110h, SV120h, TD160E, TY1100S, VT-2000, VT-75
OS Windows 10 Home 64bit, Windows 10 Pro 64bit, Windows 10 Home 32bit

戻る