EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2017/03/21
  • FAQ番号: 034577
  • 仕様・設定

Windows Essentials内コンポーネントのサポート終了のお知らせ

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

注意

Windows Essentials 2012サポート終了について

2017年1月10日にWindows Essentials 2012のサポートは終了いたしました。
今後、新たにセキュリティー上の問題点(脆弱性)が発見されても、マイクロソフト社からセキュリティー更新プログラムは提供されません。

詳しくはマイクロソフト社Webページをご覧ください。

  • マイクロソフト社 > Essentials 2012 リリースノート
    ※リンク先のページはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。

2016年4月12日以降に出荷の製品

購入時、Windows Essentialsはインストールされていません。
Windows Essentialsのインストール用データが添付されている場合がありますが、セキュリティーリスクがあるため、Windows Essentialsはインストールしないでください。

メールソフトについて (Windows 7)

Windows 7でお使いの場合、Windows Essentialsに含まれるWindows Liveメールは使用しないでください。
メールソフトは、「Outlook.com」などのWebメールサービスを使用することをおすすめします。

  • マイクロソフト社 > Outlook.com
    ※リンク先のサイトはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。

pagetopこのページの先頭へ

Windows Essentialsがインストールされている製品をお使いの場合

Windows Essentialsがインストールされている製品をお使いの場合は、セキュリティーリスクがあるため、「Windows Essentials」と「Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition」をアンインストールしてください。

Windows Liveメールをご使用の場合は、代わりのメールサービスやメールの移行準備について記載していますので、アンインストール作業を行う前に、下記「Windows Liveメールをお使いの場合(Windows 7)」をご覧ください。

Windows Liveメールをお使いの場合 (Windows 7)

Windows Liveメールの代わりに、「Outlook.com」などのWebメールサービスを使用することをおすすめします。

  • マイクロソフト社 > Outlook.com
    ※リンク先のサイトはマイクロソフト社が運営しています。ページは予告なく変更される場合があります。
    ※Windows Essentialsをアンインストールする際、Windows Liveメールだけを残すこともできます。

下記の場合は、Windows Essentialsをアンインストールする前に、Windows Liveメールを移行するための準備を行ってください。

<Outlook.comを使用する場合>
あらかじめOutlook.comに登録してから、Windows Liveメールのデータを移行します。
データの移行方法は、下記マイクロソフト社のサイトをご覧ください。

<別のメールソフトを使用する場合>
データの移行方法は、メールソフトの提供元にご確認ください。

Windows Liveメールのデータは、次の方法でエクスポートできます。

 

アンインストール手順

※画面デザインは異なる場合があります。

【 Windows Essentialsをアンインストールする 】

※Windows Essentialsをアンインストールする際、Windows Liveメールだけを残すこともできます。

アンインストール方法は、次のとおりです。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでサインインします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

3-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

3-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

※タッチ操作の場合は、[デスクトップ]をタップし、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

4「コントロールパネル」画面が表示されるので、[プログラム]-[プログラムのアンインストール]を選択します。

5 「プログラムのアンインストールまたは変更」画面が表示されるので、[Windows Essentials 2012]を選択し、[アンインストール]または[アンインストールと変更]をクリックします。

「プログラムのアンインストールまたは変更」画面

6 「Windows Essentials プログラムのアンインストールと修復」と表示されるので、[Windows Essentials プログラムの削除]をクリックします。

Windows Essentials プログラムのアンインストールと修復

7 「アンインストールするプログラムの選択」と表示されるので、アンインストールするプログラムのチェックボックスにチェックを付けて、[アンインストール]をクリックします。

※Windows Liveメールをアンインストールしない場合は、チェックを付けません。

アンインストールするプログラムの選択

8アンインストールが行われるので、しばらく待ちます。

※アンインストールには数分かかる場合があります。

9 「完了しました」と表示されるので、[閉じる]をクリックします。

※[今すぐ再起動]ボタンが表示された場合はクリックします。コンピューターが再起動するので、手順11へ進みます。

完了しました

10 プログラムの一覧から[Windows Essentials 2012]が消えたら、開いているウィンドウをすべて閉じた後、コンピューターを再起動します。

11 コンピューターが起動したら、Windows Essentials 2012のアンインストールは完了です。

 

【 Microsoft SQL Server 2005 Compact Editionをアンインストールする 】

※お使いの環境によっては、Windows Essentialsをアンインストールしたタイミングで、Microsoft SQL Server 2005 Compact Editionもあわせてアンインストールされている場合があります。

アンインストール方法は、次のとおりです。

1 管理者権限をもつユーザー アカウントでサインインします。

2 起動しているアプリケーションをすべて終了します。

3以下のいずれかの手順を実行します。

<Windows 7の場合>

3-1[スタート]-[コントロール パネル]を選択します。

<Windows 8 / Windows 8.1の場合>

3-1[デスクトップ]をクリックし、チャームの[設定]-[コントロールパネル]を選択します。

※タッチ操作の場合は、[デスクトップ]をタップし、画面の右側からスワイプしてチャームを表示します。

4「コントロールパネル」画面が表示されるので、[プログラム]-[プログラムのアンインストール]を選択します。

5 「プログラムのアンインストールまたは変更」画面が表示されるので、[ Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition [ENU] ]を選択し、[アンインストール]をクリックします。

「プログラムのアンインストールまたは変更」画面

6 「Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition [ENU]をアンインストールしますか?」と表示された場合は、[はい]をクリックします。

Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition [ENU]をアンインストールしますか?

7「ユーザーアカウント制御」画面が表示された場合は、[はい]をクリックします。

8「プログラムのアンインストールまたは変更」画面の一覧から「Microsoft SQL Server 2005 Compact Edition [ENU]」が消えたら、開いているウィンドウをすべて閉じた後、コンピューターを再起動します。

9 コンピューターが起動したら、Microsoft SQL Server 2005 Compact Editionのアンインストールは完了です。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MR7000E, MR7200E-L, MR7200-M, MR7300E-L, MR7300-M, MR7400E, MR7400, Pro5300, Pro5500-H, Pro5500-M, Pro5700, Pro7500, Pro8000-H, Pro8000-M, Pro5600-H, Pro5600-M, Pro8100-H, Pro8100-M, TY5100S, NA601E, NA511E, NA512E, NJ3700E, NJ3900E, NJ5700E, NJ5900E, NJ5950E, NJ5970E, TN10E, NY10S, NY2300S, NY2400S, NY2400S-Y, NY2400S-Z, NY40S, NY40S-B, NY2500S-Z, AT990E, AT995E, AT991E, AT992E, AY321S, AY331S, MR4300E, MR4400E, MR4500E, MR4600E, NB51E, NP31S, PT100E, PT110E, PU100S, ST10E, ST11E, ST160E, ST170E, TD160E, TY1100S
OS Windows 8.1 64bit, Windows 8.1 Pro 64bit, Windows 8 64bit, Windows 8 Pro 64bit, Windows 7 Home Premium, Windows 7 Professional, Windows 7 Ultimate, Windows 7 Home Premium x64, Windows 7 Professional x64, Windows 7 Ultimate x64

戻る