EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2019/06/25
  • FAQ番号: 036494
  • 仕様・設定

インテル Optane メモリーを有効化/無効化する方法

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

ここでは、インテル Optane メモリー (オプション)を有効化/無効化する手順について説明しています。

インテル Optane メモリーの有効化/無効化は、次のような場合に行います。

  • リカバリーDVDを使用してWindowsを再インストールする場合
  • インテル Optane メモリー用のユーティリティーを再インストールする場合

※Cドライブ以外のHDDにインテル Optane メモリーを設定している場合は、インテル Optane メモリーの有効化/無効化は不要です。

ワンポイント

インテル Optane メモリー用のユーティリティーには、次の2種類があります。お使いの製品にインストールされているユーティリティーを確認の上、操作を行ってください。

  • Intel Optane Memory and Storage Management
    スタートメニューから起動できます。
  • Intel Rapid Storage Technology
    通知領域の「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコンから起動できます。

目次

インテル Optane メモリーの状態が有効か無効かを確認したい場合は、下記「インテル Optane メモリーの状態を確認をする」項目をご覧ください。

インテル Optane メモリーを無効化する

注意

Windowsが起動しない場合

Windowsが起動しない場合は、UEFI上でインテル Optane メモリーを無効化します。手順は製品に添付のマニュアル「Windows再インストール時の作業」を参照してください。
UEFI上で無効化を行うとシステム用HDD内のデータが消去される場合があります。

※画面デザインは異なる場合があります。

「Intel Optane Memory and Storage Management」の場合

1 [スタート] - [Intel(R) Optane Memory and Storage Management]をクリックします。

Intel Optane Memory and Storage Management

※「LICENSE AGREEMENT」など使用許諾の画面が表示された場合は、内容を確認のうえ[使用許諾契約の条項に同意します。] にチェックを入れて[次へ]をクリックします。

2 「インテル(R) Optane メモリーとストレージ・マネジメント」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] - [無効]をクリックします。

無効化の処理が行われます。

「インテル Optane メモリーとストレージ・マネジメント」画面

3 「再起動が必要です」と表示されたら、[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

4 開いているすべての画面を閉じて、Windowsを再起動します。

5 Windowsが起動したら、無効化する手順は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

「Intel Rapid Storage Technology」の場合

1 通知領域にある「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコンをダブルクリックします。

「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコン

2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示されたら、[はい]をクリックします。

3 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] - [無効化]をクリックします。

「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面

4 確認メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。

確認メッセージ

5 無効化の処理が行われるので、しばらく待ちます。

無効化の処理

6 「インテル(R) Optane メモリーが正常に無効になりました。」と表示されたら、[再起動]をクリックします。

Windowsが再起動します。

インテル(R) Optane メモリーが正常に無効になりました。

7 Windowsが起動したら、無効化する手順は完了です。

pagetopこのページの先頭へ

インテル Optane メモリーを有効化する

※画面デザインは異なる場合があります。

「Intel Optane Memory and Storage Management」の場合

1 [スタート] - [Intel(R) Optane Memory and Storage Management]をクリックします。

Intel Optane Memory and Storage Management

※「LICENSE AGREEMENT」など使用許諾の画面が表示された場合は、内容を確認のうえ[使用許諾契約の条項に同意します。] にチェックを入れて[次へ]をクリックします。

2 「インテル(R) Optane メモリーとストレージ・マネジメント」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] -
[インテル(R) Optane メモリーを有効にする]をクリックします。

「インテル Optane メモリーとストレージ・マネジメント」画面

3 「この間、他のアプリケーションの使用を続行できます。」と表示されるので、[有効]をクリックします。

有効化の処理が行われます。

この間、他のアプリケーションの使用を続行できます

4 「再起動が必要です」と表示されたら、[×](閉じるボタン)をクリックして画面を閉じます。

5 開いているすべての画面を閉じて、Windowsを再起動します。

6 Windowsが起動したら、有効化する手順は完了です。

※「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面からインテル Optane メモリーを有効にすると、UEFIの設定も自動的に有効になるため、UEFIでの設定は不要です。

pagetopこのページの先頭へ

「Intel Rapid Storage Technology」の場合

1 通知領域にある「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコンをダブルクリックします。

「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコン

2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示されたら、[はい]をクリックします。

3 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] - [有効化]をクリックします。

「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面

4 確認メッセージが表示されるので、[はい]をクリックします。

有効化の処理が行われます。

確認メッセージ

5 有効化の処理が行われるので、しばらく待ちます。

有効化の処理

6 「インテル(R) Optane メモリーが正常に有効になりました。」と表示されたら、[再起動]をクリックします。

Windowsが再起動します。

インテル(R) Optane メモリーが正常に有効になりました。

7 Windowsが再起動したら、有効化する手順は完了です。

※「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面からインテル Optane メモリーを有効にすると、UEFIの設定も自動的に有効になるため、UEFIでの設定は不要です。

pagetopこのページの先頭へ

インテル Optane メモリーが有効・無効かを確認する

お使いのパソコンで、インテル Optane メモリーが有効か無効を確認したい場合は、以下の場所から確認します。

※画面デザインは異なる場合があります。

「Intel Optane Memory and Storage Management」の場合

1 [スタート] - [Intel(R) Optane Memory and Storage Management]をクリックします。

※「LICENSE AGREEMENT」など使用許諾の画面が表示された場合は、内容を確認のうえ[使用許諾契約の条項に同意します。] にチェックを入れて[次へ]をクリックします。

Intel Optane Memory and Storage Management

2 「インテル(R) Optane メモリーとストレージ・マネジメント」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] を選択し、表示される画面を確認します。

<インテル Optaneメモリーが有効の場合>
ステータス項目に有効であることが記載されています。

インテル Optaneメモリーが有効の場合

<インテル Optaneメモリーが無効の場合>
ステータス項目に無効であることが記載されています。

インテル Optaneメモリーが無効の場合

「Intel Rapid Storage Technology」の場合

1 通知領域にある「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコンをダブルクリックします。

「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」アイコン

2 「ユーザー アカウント制御」画面が表示されたら、[はい]をクリックします。

3 「インテル(R) ラピッド・ストレージ・テクノロジー」画面が表示されるので、[インテル(R) Optane メモリー] をクリックし、表示される画面を確認します。

<インテル Optaneメモリーが有効の場合>
ステータス項目に有効であることが記載されています。

インテル Optaneメモリーが有効の場合

<インテルOptaneメモリーが無効の場合>
ステータス項目に無効であることが記載されています。

インテルOptaneメモリーが無効の場合

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 MR8100, MR8100E, MR8200, MR8200E, Pro5900, Pro9000, NJ4300, NJ4300E, MR4800E, ST190E, ST190
OS Windows 10 Home 64bit, Windows 10 Pro 64bit, Windows 10 Home 32bit, Windows 10 IoT Enterprise

戻る