EPSON
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support
エプソンダイレクトサポート
Epson Direct Support

FAQ Search

件名
  • 更新日: 2022/04/25
  • FAQ番号: 037430
  • 仕様・設定

JN520 : 製品仕様

本文
この回答へのご意見をお寄せください(アンケート)

JN520の仕様情報を掲載しております。

JN520

目次

製品仕様

販売時期 2020年11月〜
OS※1 Windows 10 IoT Enterprise 2019 LTSC
ベースモデル NA520E
プロセッサー / 3次キャッシュ インテル Core i3-8145U プロセッサー(2コア/2.1GHz) / 4MB
インテル Core i5-8265U プロセッサー(4コア/1.6GHz) / 6MB
インテル Core i7-8565U プロセッサー(4コア/1.8GHz) / 8MB
  ソケット マザーボード実装
チップセット CPU内蔵
システムファームウェア AMI UEFI
インテルVT : 対応
インテルVT 有効/無効の切り替え : 可 (デフォルトで有効)
Secure Boot : 対応
Secure Boot 有効/無効の切り替え : 可 (デフォルトで有効)
メモリー 搭載可能容量 4GB〜32GBから選択 (最大32GB※2)
規格 PC4-2400 (DDR4-2400 SDRAM) NonECC
駆動周波数 2400MHz
スロット SODIMM (260ピン)×2
同容量2枚1組で使用の場合、デュアルチャネルで動作
転送速度 シングルチャネル転送時 : 18.75GB/s
デュアルチャネル転送時 : 37.50GB/s
記憶装置※3

搭載可能数 M.2 SSD 2基
(購入時、下記より種類・容量を選択)
M.2 SSD ・ 128GB/ 256GB (シリアルATA 600MB/s対応)
・ 256GB/ 512GB/ 1TB (PCI-Express x4対応)
RAID RAID1 : 128GB (128GB M.2 SSD シリアルATA×2基)、256GB (256GB M.2 SSD シリアルATA×2基)
システム領域 約1.3GB
光ディスクドライブ※4 非搭載 (オプションにて外付けポータブルDVDドライブを選択可能)
グラフィックス GPU/
ビデオメモリー
(VRAM)
インテル UHD グラフィックス 620
最大2105MB (メインメモリー 4GB搭載時)
最大4153MB (メインメモリー 8GB搭載時)
最大8249MB (メインメモリー 16GB搭載時)
最大16441MB (メインメモリー 32GB搭載時)
外部ディスプレイ
表示解像度
1024×768、1280×720、1280×768※5 、1280×1024、1360×768、1366×768、1400×1050、1440×900、1600×900、1600×1200、1680×1050、1920×1080、1920×1200、2560×1440 (HDMI接続のみ)、3840×2160 (HDMI接続のみ)※5
マルチディスプレイ クローン : 対応 (3画面)
拡張デスクトップ : 対応 (3画面)
コラージュ : 対応 (2画面) ※LCD画面には表示されません。
その他 DirectX : 12、 OpenGL : 4.5、 HDCP : 対応
UEFIでの機能の切り離し 不可
液晶ディスプレイ※6 液晶タイプ : 13.3型 フルHD液晶 (光沢のないノングレア、LEDバックライト)
最大解像度 : 1920×1080
LCDドット抜け : 8個以下 (0.00013%以下)
サウンド コントローラー インテル ハイデフィニション・オーディオ対応 コントローラー
コーデック Realtek製 ALC269Q-VC3-GR
全二重 対応
入出力インピーダンス 入力 : マイク 47kΩ
出力 : ヘッドホン 1Ω
内蔵マイク 搭載 (ステレオ)
内蔵スピーカー 搭載 (モノラル : 出力 1W×1)
UEFIでの機能の切り離し
有線LAN コントローラー / 型番 インテル チップセット内蔵MAC / I219V(PHY)
対応規格 1000Base-T/ 100Base-TX/ 10Base-T
その他 Wake On LAN : 対応、リモートブート : 対応 (PXE2.1)、全二重通信 : 対応、ジャンボフレーム : 対応
UEFIでの機能の切り離し
無線LAN/Bluetooth (オプション)※7 <Wi-Fi 5 (IEEE802.11ac/a/b/g/n準拠) + Bluetooth 5.0モジュール>
インテル Wireless-AC 9260
  無線LANの仕様 準拠規格 :
IEEE802.11ac/a/n無線LAN標準プロトコル、ARIB STD-T71
IEEE802.11b/g/n無線LAN標準プロトコル、ARIB STD-T66
暗号化 :
IEEE802.11a/b/g : WEP, WPA(AES, TKIP), WPA2(AES)
IEEE802.11ac/n : WPA(AES), WPA2(AES)
認証 : IEEE802.1x※8
周波数帯域/使用チャンネル :
IEEE802.11b/g/n : 2.4GHz帯/1〜13ch
IEEE802.11a/ac/n:
W52 5.2GHz帯/36、40、44、48ch
W53 5.3GHz帯/52、56、60、64ch
W56 5.6GHz帯/100、104、108、112、116、120、124、128、132、136、140ch
Wake On WLAN : 非対応
UEFIでの機能の切り離し : 可
Bluetoothの仕様 規格 : Bluetooth Ver.5.0
プロトコル : BR/EDR/LE
通信速度 : 3Mbps
UEFIでの機能の切り離し : 可
カメラ 前面 : 92万画素 / 最大1280×720解像度対応
メモリーカードスロット※9※10 SDメモリーカード SD : 最大認識サイズ 2GB、Class 2,4,6,10    
SDHC : 最大認識サイズ 32GB、Class 2,4,6,10、UHS-II(HD)
SDXC : 最大認識サイズ 2TB、Class 2,4,6,10、UHS-II(HD)
マルチメディア
カード
最大認識サイズ 4GB
UEFIでの機能の切り離し
セキュリティー機能 インテル PTT : TPM 2.0
UEFI 管理者パスワード : 対応
UEFI ユーザーパスワード : 対応
UEFI HDD/SSDアクセス制限 : 対応
セキュリティーロックスロット : 右側面 (7.0mm×3.0mm×3.4mm)
生体認証 指紋認証
Windows Hello : 対応
キーボード キー数 : 日本語対応86キー
キーピッチ : 18.0mm
キーストローク : 1.7±0.3mm
インスタントキー : タッチパッドキー(ON/OFF)、機内モードキー(ON/OFF)
ポインティングデバイス タッチパッド (左右クリック独立型、マルチタッチパッド)
USB 規格 USB2.0
USB3.2 Gen1 (3.0 5Gbps)
USB3.2 Gen2 (3.1 10Gbps)
電源供給 スリープ時は有効、休止状態およびシャットダウン時は無効
※USB充電機能付きポートは常時有効(機能を有効に設定時)
充電機能 あり
※USB3.2 Gen1 (3.0) 右側面手前の1ポートのみ
UEFIでの機能の切り離し
インタフェース
(基本構成時)
USB USB2.0 Type-A×1 (左側面)
USB3.2 Gen1 (3.0) Type-A×1 (右側面手前) ※USB充電機能付き
USB3.2 Gen2 (3.1) Type-C×1 (右側面奥)
有線LAN RJ-45×1
サウンド マイク入力/ ヘッドホン出力コネクター×1 (ヘッドホン/ マイク兼用)※11
ディスプレイ ミニD-sub 15ピン×1/HDMI 19ピン×1

本体サイズ/質量等

本体寸法(幅×奥行×高さ) 約305.5×216.5×19.0mm (突起部除く)
質量(基本構成時) 約1.11Kg
梱包箱寸法(幅×奥行×高さ) 約412×322×87mm
騒音レベル※12 約15dB
電源 ACアダプター 型番 : A12-040N2A
外形寸法 : 幅93×奥行37×高さ27(mm)
ケーブル長 : AC側 約2000mm、DC側 約1500mm(ベルクロバンドなし)
質量 : 約243g(電源コード含む)
入力 : 100V〜240V±10%(50/60Hz) 1.0A (入力波形は正弦波のみサポート)
出力 : DC19V 2.1A
電源容量 : 40W
バッテリー※13 型番 : BT4109-B (標準バッテリー)
規格 : リチウムイオン (15.2V/2850mAh)
駆動時間 : 約10.0時間※14
充電時間 : 約2.6時間 (電源ON/OFF)
消費電力※15 最大定格出力時(理論値) 46.8W
最大構成時 38.3W
通常時 6.8W
スリープ時 0.9W
電源オフ時 0.6W
温度/湿度条件 動作時 温度 : 10〜35℃
湿度 : 20〜80% (結露なきこと)
保管時 温度 : -10〜60℃
湿度 : 20〜80% (結露なきこと)
主な添付品 ACアダプターと電源コード※16
マニュアル類
取得規格 VCCIクラスB適合
PCグリーンラベル適合 (★★☆ V13)
J-Mossグリーンマーク対応
電気用品安全法適合 (ACアダプター/電源ケーブル/リチウムイオンバッテリー)
TELEC適合 (無線LAN/Bluetooth)
PCリサイクルマーク対応
※1 Windows 10 IoT Enterpriseの設定支援はサポート対象外となります。
※2 ユーザーズマニュアル記載のメモリー最大容量と異なる場合がありますが、本ページの情報が最新です。
※3 1GB=10億バイトで計算しています。
※4 楕円形状などの正円形でないメディアは使用できません。
※5 HDMI接続の場合、リフレッシュレートは30Hzまでの対応となります。
※6 一部に点灯または常時点灯していない画素が存在、また明るさや色ムラすることがありますが、故障ではありません。最大解像度設定での使用を推奨。
※7 心臓ペースメーカーなどの医療機器からは22cm以上離してご使用ください。また、電子レンジ付近の磁場、静電気、電波障害が発生するところでは使用しないでください。環境により電波が届かない場合があります。無線LANではセキュリティーの設定をすることが非常に重要です。
※8 IEEE802.1x について、Windows Server 2012 とのIEEE802.1x Radius Server(EAP-TLS 対応認証サーバー) + WPA(TKIP)の組み合わせによる認証において動作を確認しています。すべての環境下での動作を保証するものではありません。
※9 各メディアの著作権保護機能には対応しておりません。SDカードスロットはSDIOには対応しておりません。
※10 最大認識サイズは規格値であり、すべてのカードでの動作を保証するものではありません。
※11 3極ミニプラグのヘッドホンや4極ミニプラグのスマートフォン用ヘッドホンマイク(CTIA規格)が使用できます。3極ミニプラグのマイク(ステレオ、モノラル)は使用できません。
※12 数値は製品の個体差と構成により若干上下することがあります。
※13 バッテリーの充電時間および駆動時間は、利用状況/部品構成により異なります。「電源管理ユーティリティー」で充電停止レベル100%に設定時の値です。
※14 JEITAバッテリー動作時間測定法(Ver. 2.0)に基づく測定値です。
なお「測定時のWindowsの設定」では下記設定を変更しています。
バッテリー切れのレベル:「OS標準の値」→「1%」に設定
※15 最大構成時は、本製品発表時の最大構成にて消費電力が最大となる動作状態で計測した値です。 発売後、仕様、構成の変更により値が変わる場合がありますが、ご了承ください。 その他の値は、代表的な部品構成での測定値です。値は利用状況/部品構成により変化します。
※16 標準添付されている電源コードはAC100V用(日本仕様)です。本製品は国内専用ですので海外でお使いの場合は保証対象外です。

省エネ法に基づくエネルギー消費効率

省エネマーク橙
第10区分
目標年度2022年度

省エネ基準達成率

95%

年間消費電力量

19.3kWh/年

エネルギー消費効率とは、JIS C62623(2014)に規定する方法により測定した年間消費電力量です。
省エネルギー基準達成率の表示語Aは達成率100%以上110%未満,AAは達成率110%以上140%未満,AAAは達成率140%以上を示します。

【電波に関するご注意】

本機には認証を取得した無線設備が内蔵されており、5GHz(802.11ac/a/n)または2.4GHz(802.11b/g/n)の周波数帯を使用します。

  • 本機の無線設備は、電波法に基づく小電力データ通信システムの無線局として技術基準適合証明を受けているため、本機を分解/改造しないでください。また、本機の無線設備は日本国内でのみ使用できます。
  • 5GHz(W52、W53)の周波数帯は、電波法の既定により屋外では使用できません。
  • 2.4GHz の周波数帯では、電子レンジ等の産業・科学・医療機器のほか、工場の製造ライン等で使用される免許を要する移動体無線局、免許を要しない特定小電力無線局、アマチュア無線局等(以下「他の無線局」と称す)が運用されています。
  1. 本機の無線設備をご使用になる前に、近くで「他の無線局」が使用されていないことを確認してください。
  2. 万一、本機の無線設備と「他の無線局」との間に電波干渉が発生した場合には、速やかに本機の使用場所または使用無線チャンネルを変えるか、運用(電波の発射)を停止してください。
  3. 電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときには、テクニカルセンターまでお問い合わせください。

<Bluetooth>

変調方式としてGFSK方式を採用しており、与干渉距離は80mです。使用無線チャンネルは変更できません。

<無線LAN>

変調方式としてDS-SS およびOFDM 方式を採用しており、与干渉距離は40mです。

pagetopこのページの先頭へ

製品図

正面図

正面図

  1. カメラ
  2. カメラランプ
  3. マイク
  4. LCDユニット
  5. LCD画面
  6. タッチパッドキー
  7. 電源スイッチ
  8. 機内モードキー
  9. キーボード
  10. 指紋センサー
  11. タッチパッド
  12. クリックボタン
  13. 機内モードランプ
  14. CapsLock ランプ
  15. NumLock ランプ
  16. SSD アクセスランプ
  17. 電源ランプ
  18. バッテリー充電ランプ
右側面図

右側面図

  1. メモリーカードスロット
  2. マイク入力 / ヘッドホン出力コネクター
  3. USB3.2 Gen1 (3.0)コネクター
    (USB充電機能付き)
  4. USB3.2 Gen2 (3.1) Type-C コネクター
  5. セキュリティーロックスロット
左側面図

左側面図

  1. ACアダプターコネクター
  2. USB2.0 コネクター
背面図

背面図

  1. LAN コネクター
  2. VGA コネクター
  3. HDMIコネクター
  4. 通風孔(排気用)
※Intel、インテル、Intel ロゴ、Celeron、Intel Atom、Intel Core、Intel vPro、Pentium、Intel Optane は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。
※Microsoft、Windows、および Windows ロゴは、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※引用した会社名、製品名は各社の商標または登録商標です。
※技術改善などにより仕様、デザインを予告なく変更する場合がありますがご了承ください。また写真と実物は異なる場合があります。

pagetopこのページの先頭へ

FAQ改善アンケート

この回答はお役に立ちましたか?



 ※送信いただいた内容に対して、お客様へ個別の回答は行っておりません。
  お名前、ご連絡先等は記入しないようにお願いいたします。
  メールでのお問い合わせは下記「問題が解決しないときは」−「メールサポート」をご利用ください。

アンケートを送信する

このFAQの対象製品
機種 JN520
OS Windows 10 IoT Enterprise

戻る